YKK AP,有機ELを組んだ「未来窓」を開発

YKK APは,未来の窓を考えてカタチにする「未来窓」プロジェクトの成果として,プロトタイプ「Window with Intelligence」を発表し、7月1日からYKK APショールーム新宿にて,一般公開展示を開始する(ニュースリリース)。

同プロジェクトは,2016年4月にスタートし,その具現化に向けて同社は,クリエイティブラボ PARTY,Will Smartとともに検討を進めてきた。

プロトタイプは,透明有機ELを樹脂製窓フレームに組み込む(特許出願中)ことで,窓の基本性能を保ちながら,天気や室内環境を元に窓を開閉させて換気を自動調整したり,AIスピーカーやインターネットとつながることで窓が住空間の様々な家電をコントロールしたり,遠く離れた人との対話やお絵かき・メモを残す機能など,7つの基本機能を搭載。

「窓が情報を持ったなら。」という想定のもと,家族が過ごしやすいコンディションを認識して快適な室内環境を整えたり,家族や遠く離れた人とつながれるコミュニケーションツールとしても活躍するなど,毎日の暮らしが便利になる窓として,将来の実用化を見据えた。

同社は昨今のスマートホーム化への新提案として,3年後の実用化を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • Vテク,有機EL蒸着装置製造拠点と照明用パネル企業買収を決定 2018年02月07日
  • JDI,HMD向け3.6型803ppiディスプレーを開発 2017年12月14日
  • 山形大ベンチャー,有機EL材料を委託販売 2017年12月12日
  • LGディスプレー,有機EL照明事業を本格化 2017年12月08日
  • JOLED,世界初となる印刷方式有機ELパネルを製品化 2017年12月06日
  • 富士キメラ,ディスプレー関連部材市場を調査 2017年12月05日
  • DNPとLG,大型曲面有機ELサイネージを博多駅に納入 2017年11月28日
  • 2022年AMOLED世界市場,15億3,660万枚に 2017年11月24日