パナ,ロボ+映像によるインフラ点検サービスを開始

パナソニック及びパナソニック システムソリューションズ ジャパンは,道路,橋梁,ダム,鉄道,エネルギーなどの各種インフラ設備に対して,ロボティクスと画像処理技術を活用したインフラ点検サービス「Smart Image Sensing」の提供を開始すると発表した(ニュースリリース)。

現在,老朽化が進む各種インフラ設備については,新規インフラ構築だけでなく,既存インフラ維持のための点検・保守,老朽化対策が求められている一方で,労働人口減や高齢化により点検・保守にあたる要員の確保が課題となってきている。

このサービスは,ロボットおよび4K画像などこれまでに開発してきた撮像デバイスと最新の画像処理技術を活用したもので,インフラ点検の測定結果を「可視化」し,測定データの「収集・管理・提供」を行なうもの。

また堅牢性などを特長とする業務端末群と連携させる事で,スムーズな点検業務を支援する。さらに全国約70ヶ所に展開するフィールドサポート網を活用し,高所などの「危険エリア」や,大きな労力を必要とする「広域エリア」での点検業務の省力化もサポートする。

具体的なサービスメニューとして,以下4点のインフラ点検サービスを2017年度内に順次開始する。
(1)水中Rov.点検サービス(2016年11月サービス開始済)
(2)インフラ設備撮影サービス
(3)4K画像活用構造物点検サービス
(4)ドローン点検支援サービス

さらに今後は,各業界にあわせた,「業務別サービスパッケージ」の提供拡大を図ると共に,撮像画像を活用したAIによる分析を通じた「異常検知」,「予兆監視」サービスへと展開する。

その他関連ニュース

  • ALANコンソーシアム,新たなプロジェクトを発表 2019年02月21日
  • 慶応ら,軟性内視鏡手術システムを開発 2019年02月08日
  • 国土交通省ら,陸上・水中レーザードローンを開発 2019年02月04日
  • 市大,視覚障がい者向け杖装置を検証 2019年01月30日
  • リンクス,ロボットピッキング統合パッケージを発売 2019年01月16日
  • 東大ら,経鼻内視鏡手術支援ロボットを開発 2019年01月15日
  • 三井不動産ら, 自動搬送システムの開発に着手 2018年12月27日
  • 2024年協働ロボット世界市場,8,500億円に成長 2018年12月19日