SP,フェムト秒レーザーの高調波発生器を発表

スペクトラ・フィジックスは,一体型広帯域波長可変フェムト秒レーザー「InSight」シリーズ用の高調波発生器及びパルスセレクターの新バージョン「UHG for InSight」を発表した(製品ページ)。

この高調波発生器は,「InSight」(発振波長:680~1300nm)との組合せにより,340~650nmまでギャップフリーの波長チューニングを実現した。最新の第3世代「InSight X3」との組合せにより,30%以上の変換効率が得られる。

広帯域の波長チューニングはコンピューター制御により完全自動化。パルスセレクターはSiO2を採用しており,モードロック周波数80MHz の入力でシングルショットから8MHzまで選択できるので,高調波発生器ユニット内に納めることが可能になっている。

その他関連ニュース

  • パナ,レーザー照明のコンセプトモデルを展示 2017年11月01日
  • 筑波大,超短パルスレーザーによる超高速共鳴相互作用を予見 2017年09月22日
  • 初心者のためのレーザー講座,9月14日開催 2017年08月08日
  • UL Japan,「レーザー安全に関する無料個別技術相談会」開催
    UL Japan,「レーザー安全に関する無料個別技術相談会」開催 2017年07月27日
  • 農工大,シリコン上にプラズモンポラリトン発生を観測 2017年07月24日
  • SP,高出力フェムト秒ファイバーレーザーを発売 2017年07月05日
  • コヒレント,長寿命Qスイッチレーザーをリリース 2017年06月27日
  • 東北大ら,内部量子効率100倍の量子ナノディスク作製 2017年06月27日