SP,フェムト秒レーザーの高調波発生器を発表

スペクトラ・フィジックスは,一体型広帯域波長可変フェムト秒レーザー「InSight」シリーズ用の高調波発生器及びパルスセレクターの新バージョン「UHG for InSight」を発表した(製品ページ)。

この高調波発生器は,「InSight」(発振波長:680~1300nm)との組合せにより,340~650nmまでギャップフリーの波長チューニングを実現した。最新の第3世代「InSight X3」との組合せにより,30%以上の変換効率が得られる。

広帯域の波長チューニングはコンピューター制御により完全自動化。パルスセレクターはSiO2を採用しており,モードロック周波数80MHz の入力でシングルショットから8MHzまで選択できるので,高調波発生器ユニット内に納めることが可能になっている。

その他関連ニュース

  • 文科省,光・量子飛躍フラッグシッププログラム課題を採択 2018年09月21日
  • 三菱電機,5G向け25Gb/s EML CANレーザーを発売 2018年09月11日
  • 東大ら,テラヘルツで1分子の超高速の動きを観察 2018年09月06日
  • オキサイド,真空紫外レーザー事業を譲受 2018年09月04日
  • 東大,フェムト秒レーザーのガラス加工速度を5000倍に 2018年08月07日
  • コヒレント,自動波長チューニング対応フェムト秒OPOシステムを発売 2018年07月11日
  • ギガフォトン,製品ラインナップの刷新プランを発表 2018年07月11日
  • 東工大ら,超短パルス光でダイヤの光学フォノン量子状態を制御
    東工大ら,超短パルス光でダイヤの光学フォノン量子状態を制御 2018年06月27日