三菱電機,メニスカスレンズ内蔵の638nm/2.5W LDを発売

三菱電機は,プロジェクター用半導体レーザーの新製品として,業界で初めてメニスカスレンズを内蔵した,発光波長638nmでパルス駆動,光出力2.5Wの赤色高出力半導体レーザー「ML562H84」を9月1日に発売する(ニュースリリース)。サンプル価格は1万円。

この製品は,独自設計のメニスカスレンズ内蔵により,レーザー光の広がりを従来品比約700分の1に低減し平行光化を実現した。外付けのコリメートレンズが不要となり,プロジェクターの光学設計の簡素化や光学機器の小型化・低コスト化に貢献する。

レーザー光の利用効率98%以上を達成し,レンズ内蔵でも従来品と同じ業界最高のパルス駆動光出力2.5Wを実現。視感度の高い波長638nmとパルス駆動光出力2.5Wにより,レーザーダイオード1個あたり約120ルーメン相当の光源の構成が可能となっている。

放熱性の高い大型のφ9.0mm TO-CANパッケージを採用。パルス駆動光出力2.5Wを0~45℃の動作温度範囲で実現した。

その他関連ニュース

  • 日立,10,000 lmのレーザープロジェクターを発売 2017年11月21日
  • アストロデザインら,DLP8Kレーザープロジェクターを開発
    アストロデザインら,DLP8Kレーザープロジェクターを開発 2017年11月16日
  • キヤノン,世界最小4Kレーザープロジェクターを発売 2017年11月13日
  • エプソン,レーザープロジェクターのラインナップを強化 2017年09月27日
  • 阪大,レーザープロジェクションマッピングの位置合わせ技術を開発 2017年09月26日
  • ソニー,家庭用4Kレーザープロジェクターを発売 2017年09月12日
  • TI,安価なDLPモジュールを発売 2017年08月03日
  • セイコーエプソン,比のプロジェクター工場を拡充 2017年07月18日