がん研ら,AIによる内視鏡検査システムを開発

国立がん研究センターと日本電気は,人工知能(AI)を用い,大腸がんおよび前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムに発見するシステムの開発に成功した(ニュースリリース)。

このリアルタイム内視鏡診断サポートシステムは,大腸の内視鏡検査時に撮影される画像で大腸がんおよび前がん病変をリアルタイムに自動検知し,内視鏡医の病変の発見をサポートする。

また,臨床現場でリアルタイムに医師にフィードバックするため,画像解析に適した深層学習を活用したAI技術と独自の高速処理アルゴリズム,画像処理に適した高度な画像処理装置(GPU:Graphics Processing Unit)を用いて,1台のPCで動作するプロトタイプを開発した。

大腸腫瘍性ポリープは,大腸がんの前がん病変であるため,内視鏡検査時に見つけ出し摘除することにより大腸がんへの進行を抑制する。ポリープは内視鏡医が肉眼で見つけるが,サイズが小さい,形状が認識しにくいなどの場合は,見逃されることもある。

このシステムでは,国立がん研究センターによる所見が付けられた約5,000例の内視鏡画像をNECのAI技術に学習させた。このAI技術を用いて新たな内視鏡画像を解析したところ,がん発見率は98%という結果となった。

今後さらに,肉眼での認識が困難な平坦・陥凹病変をAIに学習させシステムの精度を上げ,臨床試験を行なった後,日本のみならずグローバルでの実用化を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • オリンパス,520倍拡大内視鏡など4機種をリリース 2017年10月12日
  • 名大,るつぼの内部の状態をAIで予測 2017年10月02日
  • カイロス,8K硬性内視鏡を製品化 2017年09月29日
  • NICT,レーザーカオスをAIの強化学習に適用 2017年08月22日
  • NEDOプロ,AIによるコンクリのひび割れ検出技術を開発 2017年08月03日
  • 日本ライフライン,内視鏡アブレーションシステムの薬事承認を取得 2017年08月02日
  • パナ,赤外線センサーとカメラによる眠気制御技術を開発
    パナ,赤外線センサーとカメラによる眠気制御技術を開発 2017年07月27日
  • オリンパス,3D硬性ビデオスコープ発売 2017年06月30日