リコー,独メーカーと3Dプリンターの販売店契約を締結

リコージャパンは,ドイツのグラッドベックに本社を置く3Dプリンターメーカー,EnvisionTEC GmbH(エンビジョンテック)との間で,日本における3Dプリンターの販売特約店契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

EnvisionTECの3Dプリンターは,DLPおよび高速光造形方式を採用しており,高精細かつ表面が滑らかな造形物の製作が可能。100件以上の特許に基づく同社独自の技術を保有し,高品質と高生産性を両立している。また,40種類以上の3Dプリンターと70種類の造形素材を取り揃えており,簡易試作から高機能試作まで幅広く対応するほか,製品を世界60カ国以上で提供しており,高いシェアを誇る。

一方,リコーグループは,20年以上にわたる3Dプリンターを活用した製品設計の実績と,試作や金型などで培ってきた加工技術を有しており,これらのノウハウを活用した3Dプリンター関連事業を展開している。自社製の3Dプリンターの販売をはじめ,コンサルティング~3Dデータの設計~造形/納品まで一貫したサービスを,日本をはじめ欧州など海外でも提供している。

リコージャパンは今回の契約により,EnvisionTEC製の産業用3Dプリンターを,2017年中を目処に販売を開始する。消耗品と保守サービスの提供までトータルで対応することで、事業の拡大を図る。

その他関連ニュース

  • リコー,欧州の自動車向けセンサーメーカーと協業 2019年01月16日
  • 3Dプリンター市場,2021年には48万台に 2018年12月27日
  • コヒレント,小規模生産対応金属3Dプリンターを発売 2018年12月21日
  • ニコン,金属3Dプリンター複合機を来春発売 2018年12月14日
  • キヤノン,3Dプリンター用セラミックス材料と作製技術を開発 2018年11月30日
  • シーメンス,3Dプリントの精度向上シミュレーションを発表 2018年11月30日
  • 独BASF,中国の3Dプリンタープロバイダに投資 2018年11月19日
  • 三菱電機,高精度金属3Dプリンター技術を開発 2018年10月24日