リコー,独メーカーと3Dプリンターの販売店契約を締結

リコージャパンは,ドイツのグラッドベックに本社を置く3Dプリンターメーカー,EnvisionTEC GmbH(エンビジョンテック)との間で,日本における3Dプリンターの販売特約店契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

EnvisionTECの3Dプリンターは,DLPおよび高速光造形方式を採用しており,高精細かつ表面が滑らかな造形物の製作が可能。100件以上の特許に基づく同社独自の技術を保有し,高品質と高生産性を両立している。また,40種類以上の3Dプリンターと70種類の造形素材を取り揃えており,簡易試作から高機能試作まで幅広く対応するほか,製品を世界60カ国以上で提供しており,高いシェアを誇る。

一方,リコーグループは,20年以上にわたる3Dプリンターを活用した製品設計の実績と,試作や金型などで培ってきた加工技術を有しており,これらのノウハウを活用した3Dプリンター関連事業を展開している。自社製の3Dプリンターの販売をはじめ,コンサルティング~3Dデータの設計~造形/納品まで一貫したサービスを,日本をはじめ欧州など海外でも提供している。

リコージャパンは今回の契約により,EnvisionTEC製の産業用3Dプリンターを,2017年中を目処に販売を開始する。消耗品と保守サービスの提供までトータルで対応することで、事業の拡大を図る。

その他関連ニュース

  • DCIら,3Dプリンター造形物に近赤情報を付加 2017年11月14日
  • 阪大ら,銅を積層する3Dプリンターを初めて開発 2017年10月24日
  • 浜ホトと日亜,協業体制を構築 2017年10月12日
  • ニコンと日本電子,CLEMの情報発信基地を開設 2017年09月27日
  • 出光と東レ,有機EL材料で技術提携 2017年09月27日
  • リコーとAZAPA,自動運転の実証実験を開始 2017年09月20日
  • パイオニアとHERE,地図サービスでの提携を強化 2017年09月20日
  • TED,日機装の深紫外LEDの取扱開始 2017年09月15日