エンシュウ,トヨタにレーザークラッディング装置を納入

エンシュウは,トヨタ自動車と開発したレーザークラッドバルブシート加工機を,トヨタ自動車の新世代TNGAエンジン量産ラインに納入し,量産が開始されたと発表した(ニュースリリース)。

レーザークラッドバルブシート加工とは,シリンダーヘッドのバルブポート部に,金属粉末を供給しながらレーザーにて溶融させ,直接肉盛りするもの。従来のバルブシートを圧入する方式と比べ,熱伝導性が大幅に改善され,冷却能力を向上させることができるが,これまでは信頼性の高い肉盛り技術が確立されていなかった。

同社は従来,金属粉末を焼結したバルブシートを,液体窒素を封入した円筒内部で間接冷却し,径を縮小させて圧入する「間接冷やし嵌め工法」を適用したバルブシート圧入装置を自動車メーカーに納入してきた。これは,「加熱嵌め工法」と呼ばれるシリンダーヘッド全体を加熱膨張させてバルブシートを圧入する方式よりも,ランニングコストや設置面積で有利なものだった。

今回開発したレーザークラッドバルブシート加工機は,この「間接冷やし嵌め工法」よりも総合的に地球にやさしい技術になるという。今後は過去技術工法の代替量産設備として普及させたいとしている。

その他関連ニュース

  • リコー,HUD用プロジェクションユニットを開発 2018年11月09日
  • 阪大ら,青色レーザーと切削の複合加工機を開発 2018年10月31日
  • 阪大ら,複数照射式レーザーコーティング技術を開発 2018年10月31日
  • アマダ,ファイバーレーザーの高品位切断加工技術を開発 2018年10月24日
  • 産総研ら,極端紫外線フェムト秒レーザーでガラスを高品質加工 2018年10月24日
  • 芝浦工大,レーザーで樹脂フィルムに銅配線を形成 2018年10月18日
  • NTT Comら,ドライブレコーダーのAI自動検知を開発 2018年10月17日
  • 産総研ら,サブマイクロ球状粒子の大量合成に成功 2018年10月10日