豊田合成,自動車ヘッドランプ用LEDを開発

豊田合成は,LEDの新製品として,業界トップクラスの「明るさ」と「低消費電力」を実現した「自動車ヘッドランプ用LED光源」を初めて開発した(ニュースリリース)。

開発したLED光源は,これまで培ってきた青色LEDの結晶成長技術を応用して,窒化ガリウム(GaN)等の結晶構造を改良すると共に,光源内部の熱を放出しやすくするフリップチップを採用。これにより,約2,300lmの明るさを実現,一つの光源がロービームとハイビームを兼ねるバイファンクション式に対応している。

自動車ヘッドランプ用LED光源は,電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)などの次世代自動車の低消費電力化に寄与し,環境に優しい製品として今後の普及が期待されている。同社は今後,顧客のニーズに合った様々なタイプの「自動車ヘッドランプ用LED光源」の開発を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • ブイテク,フレキシブルマイクロLED用製造装置を受注 2018年11月16日
  • 【光フェア】クォークテクノロジー,深紫外LED/エキシマ照射装置を紹介 2018年11月14日
  • 日亜と蘭Qwestland,植物育成用LEDで協力 2018年11月01日
  • 徳島文理大,トマト収量を2倍にするLEDライトを開発 2018年10月26日
  • シーシーエス,仏LED照明メーカーを子会社化 2018年10月25日
  • パナ,水銀ランプ終了でLED照明器具の営業を強化 2018年10月17日
  • LGイノテック,日光消毒効果があるLEDを発売 2018年10月15日
  • 三菱電機,青空を模擬したライティング技術を開発 2018年10月03日