2016年度IoT型センサーシステム市場は109.6万,前年度比6.7%増

矢野経済研究所では、IT事業者/SIer,通信事業者(キャリア),デバイスメーカー,公的研究機関,ユーザー企業などを対象に国内でのIoT型センサーシステム市場の調査を実施し,「2017 IoT時代のセンサーネットワークマーケット」にまとめた(ニュースリリース)。

それによると,2016年度の国内IoT型センサーシステム市場規模は,エンドユーザー設置数量ベースで前年度比6.7%増の109.6万システムとなった。2016年度は,M2Mを通信回線に利用したセンサーシステムの導入が好調であった。さらにMVNOの事業拡大によるアプリケーション(利用用途)の多様化も拡大要因だという。

2016年度の国内IoT型センサーシステム市場規模(エンドユーザー設置数量ベース)を分野別に見ると,セキュリティ関連が46.0%,自動車関連は36.5%,エネルギー関連が16.1%と,3分野で98.6%を占める。

工場・製造関連分野では,既に生産設備・機器やユーティリティ設備などへのセンサー設置が標準化している。その一方で,センサーで取得したデータの活用は日報への記載など限定的となっている。

近年,工場現場にIoTを導入してデータ収集・蓄積・分析といった一連の流れをシステム化する取り組みが進んでおり,特にエネルギー監視,保全・メンテナンス,品質管理といった業務でのIoT型センサーシステムの活用が見込まれるとしている。

その他関連ニュース

  • μLED/レーザーなど次世代光源,2030年5.2兆円市場に 2019年02月22日
  • 東工大ら,低消費電力/小型の原子時計を開発 2019年02月19日
  • 東北大,スピントロニクスで高性能/低消費電力MCUを開発 2019年02月19日
  • 東大ら,厚さ5µmの組立式半導体センサーチップを開発 2019年02月14日
  • 府大,バブルとレーザーで超微量のタンパク質を検出 2019年02月04日
  • 日本レーザー,Photon Controlと代理店契約を締結 2019年01月31日
  • 東北大ら,ハンダ代替用銅ナノペーストを開発 2019年01月31日
  • 東北大,イオン伝導を利用した蓄電デバイスを開発 2019年01月30日