リコー,遠隔機器監視サービスを開始

リコーは,IoT技術やビッグデータ活用,保守サービスのノウハウを提供することで,産業機器を製造している顧客のビジネスを支援する「RICOH Open Remote Services」を開始する(ニュースリリース)。

今回はその第一弾として,検査機器や加工装置などの産業機器を遠隔で監視できるリモート環境の構築サービスを9月15日から提供する。

このサービスでは,同社の遠隔監視のノウハウを生かし,保守サービスの提供や従量課金制によるビジネスの効率的な運営を支援する。さらに今後は,これまで同社がオフィス分野の顧客に対応するなかで培ってきた,資産管理やリース,保守サービス,物流なども,産業機器を製造する顧客向けに提供することを検討する。

この機器監視サービスにより,蓄積されたデータを顧客と共に分析し,インテリジェンスに変換することによって,機器の稼働率を高める提案や,機器を利用した作業のボトルネックの把握,機器の不具合発生の予兆の発見など,顧客の課題解決を支援するサービスの充実を検討していく。

その他関連ニュース

  • 京セラ,LPWA対応「IoTユニット」を開発 2017年09月05日
  • 2016年度IoT型センサーシステム市場は109.6万,前年度比6.7%増 2017年07月18日
  • NEDO,IoTに向けた技術開発テーマを決定 2017年06月13日
  • オークマと日立,IoTによる高効率工場を共創 2017年05月17日
  • アマダと富士通,工作機器のIoT活用で協力 2017年05月17日
  • デンソーと東芝,IoT・自動車での協業を強化 2017年05月09日
  • 技科大,高精度簡易日射計の開発に成功 2017年05月08日
  • 旭硝子,米スマートガラスメーカーへ出資 2017年02月01日