東大,キタエフスピン液体の可能性を裏付け

東京大学は,キタエフスピン液体を有機-無機ハイブリッド物質である金属有機構造体(Metal-Organic Framework,MOF)によって実現する可能性を提案し,電子状態計算によって理論的な裏付けを行なった(ニュースリリース)。

キタエフ模型は,絶対零度でもミクロな磁石の向きであるスピンが凍結せず液体的にふるまう磁性体の模型で,その液体状態をキタエフスピン液体と呼ぶ。キタエフ(Alexei Kitaev カリフォルニア工科大学教授)によって最初に提唱された後,イリジウム酸化物などの無機化合物で実現される可能性が指摘され,盛んに研究されているが,無機化合物は一般に性質の調整が難しく実現が困難だった。

研究では,無数に種類のある有機分子を利用することで物性の調整が可能なMOFに着目し,ルテニウムとシュウ酸からなるMOFにおいてキタエフスピン液体が理想的に実現できることを見出した。

MOFは,金属原子と有機分子が網目状に結合した物質の総称で,近年,化学の分野で盛んに研究されている。異なる有機分子を用いることで性質を細かく調整することが可能であり,今回の提案によりキタエフスピン液体の実際の物質中での実現に大きく道が開かれたとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,スピン流雑音からマイクロ波による発熱量を決定 2018年01月17日
  • 理研,酸化物界面におけるスキルミオンの電界制御に成功 2018年01月17日
  • 東北大ら,ゼロ質量電子系に新規なスピンゆらぎを発見 2017年12月15日
  • 理研ら,磁壁におけるトポロジカル電流を観測 2017年12月08日
  • 広島大ら,新奇超伝導体に特殊なスピン電子構造を発見 2017年12月05日
  • 九大,ワイヤレスで選択的にスピン流を生成 2017年12月04日
  • 産総研ら,新規メモリーに必要な電圧スピン制御を達成 2017年12月04日
  • 東大ら,電子とプロトンの連動による新しい量子液体状態を発見 2017年11月30日