理科大ら,「拭ける」モスアイ構造の形成に成功

東京理科大学とオーテックスの研究グループは,新しく開発した「高硬度で防汚性を持つ紫外線硬化性樹脂」を用いて,「モスアイ構造」の転写に成功した(ニュースリリース)。

モスアイ構造はナノオーダーの針状構造で,反射防止効果がある。これまでも,モスアイ構造を用いた反射防止フィルムは,大型ディスプレー表面に使用されてきたが,触ると壊れ,指紋が付くという問題点があった。

今回開発した技術を用いれば,触っても壊れず,防汚性もあり容易に汚れが拭き取れ,従来の問題点を克服するだけでなく,スマートフォンなどのタッチパネルへも使用できるようになるほか,モスアイ構造表面の水の接触角は150°以上で超撥水性を示し,この性質を利用した製品などにも使用できるという。

モスアイ構造の金型原盤は,東京理科大学が保有する特許技術で作製し,転写に関しては,ナノオーダーの転写が可能なナノインプリント技術を用いた。新開発品の樹脂を用いて作製されたモスアイ構造は,スチールウール700gfの擦過試験にも耐え,指紋のふき取りも容易に行なえた。これによって,触っても壊れないタッチパネル用反射防止フィルムが実現した。

モスアイ構造はナノオーダーの針状形状を持ち,可視光領域で反射防止効果がある。モスアイ構造は,グラッシーカーボン(GC)基板に酸素イオンビームを照射するだけで形成できるが,通常触ると壊れる程度の強度しかない。開発した技術では,GC上のモスアイ形状を特殊なUV硬化性樹脂にナノインプリント技術により転写することで,触っても壊れない超高強度の樹脂性モスアイ構造の複製に成功した。

さらに,このUV硬化性樹脂には防汚成分が含まれているため,指紋などのふき取りも可能となった。また転写されたモスアイ構造は反射防止効果に加え,視認性も向上したとしている。

その他関連ニュース

  • キヤノン,ナノインプリント装置を東芝に納入 2017年07月24日
  • 名大ら,鳥を参考に構造発色性顔料と光学デバイスを構築 2017年05月01日
  • DNP,ナノインプリントでDOEを量産化 2017年04月18日
  • 東大,静電による濡れ挙動の制御に成功 2017年03月09日
  • DNP,ナノインプリントで半導体テンプレの量産開始
    DNP,ナノインプリントで半導体テンプレの量産開始 2017年03月01日
  • 京セラ,長寿命・低摩擦の印刷用a-Si感光ドラムを発売 2017年02月01日
  • 凸版,SCIVAXと資本業務提携で合意 2016年11月02日
  • 千葉大ら,孔雀を模したフォトニック材料を作成 2016年09月27日