旭硝子,中国にTFT液晶ガラス基板製造窯を建設

旭硝子は,中国の旭硝子顕示玻璃(恵州)有限公司(広東省恵州市仲愷開発区)に,第11世代TFT液晶用ガラス基板の製造窯を建設すると発表した(ニュースリリース)。

この投資は,同社グループ内から最新鋭の設備を移設することにより,グループの総生産能力を維持し,また設備投資額を大幅に圧縮することを目的とする。8月24日,この製造窯の鍬入れ式を行なっており,2018年4Q~2019年1Qに量産を開始する予定。

近年,中国ではTFT液晶用パネルの生産量が増加しており,これに伴いガラス基板の需要も急速に拡大している。同社グループは,こうした需要拡大に対し,江蘇省昆山市,広東省深圳市に加工拠点を,広東省恵州市に素板製造拠点を置き,供給体制を整えてきた。

今後は特に第11世代ガラス基板を使用するTFT液晶用パネルの需要が大きく増える見込みであることから,同サイズ専用のガラス基板製造窯を建設することにしたという。

その他関連ニュース

  • 出光,中国に有機EL材料工場を建設 2018年04月16日
  • ショット,薄板ガラスへの精密加工技術を開発 2018年03月28日
  • 東大,ガラス形成物質のダイナミクスを解明 2018年03月19日
  • 日板,ライン上で厚さ0.7㎜ガラスに透明導電膜を付与 2018年03月12日
  • 京セラ,CMOSセンサー向けセラミックパッケージを増産 2018年03月07日
  • 日本電気硝子,深紫外域の透過率を高めたガラスを発売 2018年03月06日
  • 産総研ら,低温で液相から成形できるLED用ガラスを開発 2018年02月09日
  • Vテク,有機EL蒸着装置製造拠点と照明用パネル企業買収を決定 2018年02月07日