国立科学博物館,2017年度未来技術遺産を発表

国立科学博物館 産業技術史資料情報センターは,2017年度登録「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」を発表した(詳細ページ)。

同博物館では,わが国の科学技術(産業技術を含む)の発展を示す貴重な科学技術史資料や,国民生活,経済,社会,文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料の保存と活用を図るための調査研究を産業界・学協会と協力して従来から行なっている。

これらの資料は,近年の科学技術の急速な発展,技術革新や産業構造の変化の中でその本来の意義が見失われ,急速に失われようとしているため,そのような資料の保存を図り,科学技術を担ってきた先人たちの経験を次世代に継承していくことを目的として,重要科学技術史資料の登録制度を実施している。

今年度登録された15の資料のうち,光学関連のものとして「36型 HD(ハイビジョン)トリニトロンテレビ KW-3600HD」(ソニー),「フジカラーREALA」(富士フイルム),「NE式携帯用写真電送装置」(NEC)の3つが選ばれた。

このうち「KW-3600HD」は最初期の家庭用高輝度ハイビジョン受像機,「フジカラーREALA」は世界初の第四の感色層を有するカラーネガフィルム,「NE式携帯用写真電送装置」は世界最高性能の国産写真電送装置として,その価値が評価された。

その他関連ニュース

  • 東芝,テレビ事業を譲渡 2017年11月21日
  • 九大安達氏,仁科記念賞を受賞 2017年11月15日
  • 「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」公募開始 2017年10月20日
  • 北大のレ バン コア氏,日本液晶学会論文賞を受賞 2017年10月02日
  • NAIST岡田氏,日本セラミックス協会の講演奨励賞を受賞 2017年09月27日
  • DNP,HMDの画質を改善するフィルムを開発 2017年09月12日
  • シャープ,70型8K液晶テレビを製品化 2017年09月01日
  • 東洋紡ら,最高の寸法安定性を持つポリマーフィルムを開発 2017年08月25日