2020年CMOS/CCDカメラ出荷台数,52億2,000万台に


矢野経済研究所は,カメラメーカー,カメラ応用画像システム・機器メーカー等を対象として,世界のCMOS/CCDカメラ,カメラ応用画像システム・機器市場の調査を実施した(ニュースリリース)。

その中で,2016年のCMOS/CCDカメラ世界出荷台数(メーカ出荷台数ベース)は40億5,000万台と推計。内,CMOS カメラが40億600万台,CCDカメラが4,400万台と,CMOSカメラが全体の98.9%を占めた。

CMOS/CCDカメラは今後もスマートフォン等の成長に加え,産業(非民生)用の個人認証・HMI(Human Machine Interface)用,車載用,監視・モニタリング用などの需要分野で伸張することで,世界出荷台数は,2009年から2020年までの年平均成長率(CAGR)が12.8%で推移し,2020年には52億2,000万台に達するものと予測する。

2016年のCMOS/CCDカメラ世界出荷台数の内訳は,スマートフォン用が28億5,692万台で70.5%,タブレットPC用が 3億6,925万台で9.1%,フィーチャーホン(携帯電話)用が2億9,301万台で7.2%の順となり,それら上位3品目で全体の86.8%を占める。

過去20年以上に渡り,世界のCMOS/CCDカメラ搭載システム・機器の動向を見て感じられるのは,CMOS/CCDカメラの
役割が「目視」から「画像処理」へと大きく変化してきており,それが市場に大きく影響を与えていることだという。

これまでの画像システム・機器は,人間が「目視」で利用することを目的として進化してきた。主に民生用の品目が該当し,ホームビデオ,デジカメ,フィーチャーフォン(携帯電話)等の出荷台数はマイナス成長に転じている。

それらに比べて,「画像処理」での利用を前提とした産業(非民生)用の品目は,民生用に比べて出荷台数(個数)こそ少ないものの,今後,堅調な成長を遂げていくと予測している。ここにきて,監視・モニタリング用,個人認証・HMI用,FA/マシンビジョン用,医療・福祉用,車載用などの需要分野のカメラを搭載した画像システム・機器が注目され始めているとしている。

その他関連ニュース

  • キヤノン,出荷検査基準を高めた1.2億画素CMOSセンサーを発売 2018年07月11日
  • 立教大,「はやぶさ2」搭載カメラ開発に協力 2018年06月28日
  • ams,マシンビジョン向け8K CMOSセンサーの量産開始 2018年06月13日
  • OmniVision,自動車向け視線検知用イメージ・センサー発売 2018年05月16日
  • オンセミ,低照度高SN比および近赤高感度センサを発売 2018年04月11日
  • ソニーグループ社員,CMOS開発で科学技術賞を受賞 2018年04月10日
  • 愛知プロ,かおりを可視化するCMOSセンサー開発 2018年04月06日
  • オンセミ,超低照度向けインターライン転送型CCDを発売 2018年04月04日