静大ら,特殊なイオンの状態を初めて原子スケールで解明

静岡大学は,スロベニアおよびスイスの研究グループと共同で,鉄酸ビスマスという強誘電体材料内部の特殊なイオンの状態を初めて原子スケールで解明した(ニュースリリース)。

強誘電体材料はメモリ素子や加速度センサー,圧電素子などに利用されている材料で,その機能の発現には,厚さ数ナノメートル程度のドメイン壁(分域壁)と呼ばれる微細な構造が関与していると言われていたが,原子スケールの詳細な構造はこれまで明らかにされておらず,長年未解明のままとなっていた。

今回の研究成果では,最先端の顕微鏡技術を用いて鉄酸ビスマスのドメイン壁における原子スケールでの構造解析を行ない,鉄及びビスマスが通常と異なる特殊なイオンの状態で存在していることを明らかにした。

この研究成果は,強誘電体の構造と物性の理解を深めるものであり,今後メモリ容量の大幅なスケールアップなどにつながることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 熊本大ら,光で抗菌作用をコントロールできる銀ナノ粒子を開発 2017年11月06日
  • NIMS,磁気でイオンを輸送するトランジスタを開発 2017年09月08日
  • 理研,シフト電流による太陽電池の可能性を実証 2017年08月22日
  • 京大ら,光でイオンのスイッチングに成功 2017年04月12日
  • 東大ら,酸窒化物結晶の配位構造制御に成功 2017年03月30日
  • 筑波大ら,強誘電体結晶について分光で新しい知見 2017年03月23日
  • KEKら,光照射による分極の減少・回復を観測 2017年03月08日
  • 産総研ら,半導体の表面電場をテラヘルツで測定
    産総研ら,半導体の表面電場をテラヘルツで測定 2017年03月06日