静大ら,特殊なイオンの状態を初めて原子スケールで解明

静岡大学は,スロベニアおよびスイスの研究グループと共同で,鉄酸ビスマスという強誘電体材料内部の特殊なイオンの状態を初めて原子スケールで解明した(ニュースリリース)。

強誘電体材料はメモリ素子や加速度センサー,圧電素子などに利用されている材料で,その機能の発現には,厚さ数ナノメートル程度のドメイン壁(分域壁)と呼ばれる微細な構造が関与していると言われていたが,原子スケールの詳細な構造はこれまで明らかにされておらず,長年未解明のままとなっていた。

今回の研究成果では,最先端の顕微鏡技術を用いて鉄酸ビスマスのドメイン壁における原子スケールでの構造解析を行ない,鉄及びビスマスが通常と異なる特殊なイオンの状態で存在していることを明らかにした。

この研究成果は,強誘電体の構造と物性の理解を深めるものであり,今後メモリ容量の大幅なスケールアップなどにつながることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,イオン伝導を利用した蓄電デバイスを開発 2019年01月30日
  • 東大,ポリマー結晶性複合体で水素イオンを高速伝導 2019年01月30日
  • 東大ら,強誘電ドメイン壁の構造をカメラで可視化 2019年01月25日
  • 工繊ら,イオン漏洩現象の物理機構など解明 2019年01月23日
  • 東大ら,強誘電体のトポロジカルなスピン励起を解明 2018年12月04日
  • 東大,強誘電体トランジスタとメモリの動作原理を解明 2018年12月04日
  • 神大ら,タンパク質中の金属イオンの電子状態を分析 2018年11月30日
  • 広島大,室温で強誘電性を示す分子を発見 2018年08月20日