パイオニア,3D LiDARのサンプル提供を開始

パイオニアは,9月下旬より,国内外の自動車メーカーやICT関連企業などへ,MEMSミラーを用いた独自の走行空間センサー「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始する(ニュースリリース)。

3D-LiDARは,遠方の物体までの高精度な距離の測定や,物体の大きさを検出できるセンサーで,物体形状の把握も可能なため,自動運転に不可欠なキーデバイスと言われている。同社は,2020年以降の量産化を目指し,高性能で小型,低コストな3D-LiDARの開発を進めている。

今回供給を開始するMEMS方式の3D-LiDARは,開口部の小さいMEMSミラーとレンズを組み合わせ,光学設計を最適化することにより,車載用途での実用化を可能にする。同社は,この3D-LiDARのサンプルを,国内外の自動車メーカーやICT関連企業などに供給し,相互で実用化に向けたトータルシステムとしての動作検証を行なう。

その検証結果を基に,各企業の使用用途に適した仕様や形状,サイズなどの検討を行なうとともに,独自のデジタル信号処理手法を用いて,これまでLiDARでは難しいとされていた黒色の物体や遠方物体(LiDAR側で受信するレーザー光が微小な状況)の計測能力を高める技術の開発を進め,一般道でのレベル3もしくはそれ以上の自動運転車両への搭載や,次世代GISサービスなどへの活用を目指す。

その他関連ニュース

  • 北陽電機,3D LiDARを発売 2017年09月20日
  • リコーとAZAPA,自動運転の実証実験を開始 2017年09月20日
  • パイオニアとHERE,地図サービスでの提携を強化 2017年09月20日
  • 西松建設ら,車両搭載型レーザー計測システムの有効性を確認 2017年09月11日
  • パナ,ロボット向け広角スキャンLiDARを開発 2017年09月11日
  • パイオニア,バス会社と自動運転の実証実験を実施 2017年09月05日
  • 駐車支援/自動駐車システム市場,2025年に3,800万台 2017年08月21日
  • ボーイング,JAXAの乱気流監視ライダーをテスト 2017年08月03日