ソニー,家庭用4Kレーザープロジェクターを発売

ソニーは,家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR対応ホームシアタープロジェクターとして,独自開発のディスプレーデバイス「ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」パネルを搭載し,高精細な映像表現を可能にする新商品2機種,「VPL-VW245」と「VPL-VW745」を,それぞれ10月21日と12月9日に発売する(ニュースリリース)。価格は「VPL-VW245」が55万円,「VPL-VW745」が170万円。

「VPL-VW745」は,レーザー光源システム「Z-Phosphor™」を搭載しながら,従来のレーザー搭載モデルより約40%小型化を実現した。「VPL-VW245」は,ランプ光源を用い,求めやすい価格ながら4K HDRの映像を楽しめる。

レーザー光源システム「Z-Phosphor」は,上位モデルに採用される青色のレーザーと蛍光体を組み合わせた光源。高出力のレーザー光源と,光を高効率に利用できる4K SXRDパネルとを組み合わせることで2,000ルーメンの高輝度の映像を投写でき,大型スクリーンでも迫力のある4K HDR映像を楽しめる。

高輝度と高コントラストを両立し,全体の明暗の差が大きいHDRの映像も,暗い箇所から明るい箇所まで鮮明に表現する。また,レーザー光源搭載のモデルでありながら,奥行約496mmで,従来機種のレーザー搭載モデルよりも約40%コンパクトなサイズを実現した。

なお,両機種ともHDR映像入力には,映画やオンライン配信などで使われるHDR10方式と,放送用のHDR方式であるHLG(Hybrid Log Gamma)の両方に対応している。

その他関連ニュース

  • DNP,明所でも鮮明な映像を表示する透明スクリーンを開発 2018年05月14日
  • 【OPIE’18】マイクロビジョン,レーザープロジェクターの応用を提案 2018年04月26日
  • テルモ,静脈可視装置を発売 2018年04月02日
  • ショット,プロジェクター用セラミックコンバーターを発売 2018年03月13日
  • エプソン,スポットライトを兼ねたプロジェクターを発売 2018年02月28日
  • 【NTT R&D】プロジェクター向け超小型光源 2018年02月23日
  • 日立,LEDで4,200 lmのDLPプロジェクターを発売 2018年02月16日
  • JVC,8K対応レーザープロジェクターを発売 2017年12月14日