阪大ら,光センサー細胞のアイデンティティー形成を解明

大阪大学の研究グループは,名古屋大学,理化学研究所との共同研究で,眼の網膜にある光センサー細胞(網膜視細胞)におけるエピジェネティック(DNAの配列変化によらない遺伝子発現を制御・伝達するシステム)な制御の仕組みを解明し,神経発生における重要性を明らかにした(ニュースリリース)。

脳や網膜の神経細胞の終末分化がエピジェネティックに制御されているかどうかは、これまであまりよく分かっていなかった。そこで研究グループは,桿体(かんたい)視細胞に発現するSamd7という蛋白質が,その構造からエピジェネティックな制御に関わっている可能性があると注目した。

Samd7のノックアウトマウスを作製し解析したところ,Samd7ノックアウトマウスの眼の網膜では,本来,桿体視細胞ではまったく発現しない青色オプシンが強く発現しており,逆に,もとから桿体視細胞にある桿体オプシンの量が半減していることがわかった。

これにより,神経細胞のアイデンティティー形成にエピジェネティック制御が重要であることがノックアウトマウスを用いた研究で明らかとなった。この成果は,網膜視細胞や神経細胞のアイデンティティー形成の仕組みを理解する上で大きな前進となるものだという。

その他関連ニュース

  • NAISTら,自身で撮影可能な小型眼底カメラを開発 2018年06月18日
  • 技科大,ヒトが反射と透過を見分ける機構の一端を解明 2018年06月12日
  • 東大ら,8Kで脳活動の大規模ライブイメージングに成功 2018年05月30日
  • 市大,クラゲと脊椎動物の目の共通性を発見 2018年05月23日
  • 東大ら,2光子顕微鏡で霊長類の多細胞活動を長期・同時計測 2018年05月16日
  • 理研ら,ヒトES細胞由来網膜の移植後機能を確認 2018年03月05日
  • 理研ら,アップコンバージョンによる光遺伝学法を開発 2018年02月09日
  • 岡山大の人工網膜,サルにおける効果を確認 2018年01月29日