ブラザー,コンパクトレーザーマーカーを発売

ブラザー工業は,新規事業製品第1弾として昨年発売したレーザーマーカー「LM-2500」の特長を踏襲しつつ,サイズをコンパクトにしたレーザーマーカー「LM-2550」を10月中旬に発売する(ニュースリリース)。

同社のレーザーマーカーは,プリンター感覚で使え,外部制御による連続印字はもちろん,1個単位からレーザー加工が可能なため,電子機器・自動車部品など製造業における生産ラインや,ギフトやノベルティなどの多品種少量生産にも適している。

新製品は,「LM-2500」の特長を踏襲しつつ,レーザーヘッドとコントローラーを一体化することで体積を約70%削減。コンパクトサイズのため,狭い生産ラインにも設置しやすくなった。

独自制御のYAGレーザーマーカーは,短パルス/高ピークパワーにより素材への熱影響が少なく,QRコードやデータマトリックス,バーコードのような高い読み取り精度が求められる印字にも適している。また,金属や樹脂に加え,熱収縮チューブなどの熱に弱い素材に対しても,シャープな印字を実現する。

この製品は,日本工業規格「レーザー製品の安全基準JIS C 6802:2014」において,最も危険なCLASS4に分類される(出力5W)。通常,導入各社で安全対策をとるが,同社では,レーザー光を遮断する専用エンクロージャーをオプションとして提供する。このエンクロージャーを使用すると,最も安全なCLASS1に分類され,安全性を確保できる。

その他関連ニュース

  • ヤマザキマザック,8KWファーバーレーザー加工機を発売 2017年09月04日
  • アマダミヤチ,レーザー加工機/モニターなど3機種を発売 2017年07月12日
  • 三菱電機,生産性を上げたファイバーレーザー加工機を発売 2017年05月31日
  • 澁谷工業,小型レーザーアブレーション加工機を開発 2017年03月31日
  • OPIE’17,400W級レーザーコーティング装置を展示 2017年03月29日
  • ヤマザキマザック,DDL採用レーザー加工機を発売 2017年03月06日
  • 三菱重工工作機械,短パルス深紫外レーザー加工機を開発 2016年11月08日
  • 三菱重工工作機械,新コンセプト3D金属造形システムを開発 2016年11月07日