九大ら,簡便なキラリティーの蛍光識別技術を開発

九州大学の研究グループは,九州先端科学技術研究所(ISIT)との共同研究により,光学活性化合物の右手・左手(キラリティー)を簡便に識別し定量化できる蛍光センシング技術を開発した(ニュースリリース)。

アミノ酸や糖などの光学活性化合物には,右手と左手のような鏡像の関係にある分子が存在する。右手型か左手型かの違いで生体中では薬にも毒にもなることが知られているため,右手型・左手型を識別し定量化できる分析技術は創薬研究等において不可欠なものとなる。

研究グループは,代表的な光学活性化合物の識別に取り組み,右手型・左手型という僅かな立体の差が自己組織化過程で増幅されることで,結果的に大きな蛍光強度の差として識別できることを見出した。

この仕組みにより右手型と左手型の存在比(光学純度)を蛍光分光法で簡便・高感度に決定できるようになった。これは,光学活性化合物の識別の歴史では画期的なことだとしている。

その他関連ニュース

  • 理研ら,細胞中全てのタンパク質の蛍光標識に成功 2018年08月01日
  • 早大ら,ATPを検出するRGBの蛍光センサーを開発 2018年07月24日
  • 九工大,核膜を蛍光色素で染色することに成功 2018年07月19日
  • 名大ら,近赤外で長時間安定発光する蛍光標識を開発 2018年07月10日
  • 阪大,分子対称性が支配するキラル新材料を開発 2018年07月06日
  • 東大,インフルエンザ感染肺の生体イメージングに成功 2018年06月27日
  • 農工大ら,キラル化合物の短段階合成に成功 2018年05月23日
  • 産総研ら,蛍光色素付き発光基質で生物発光を多色化 2018年05月18日