東芝,「車載戦略部」を設置

東芝は,注力領域の一つである車載半導体事業の拡大に向け,事業部横断の戦略立案を担う「車載戦略部」を10月1日付で設置する(ニュースリリース)。同部を中心に車載半導体のマーケティング機能を強化し,当該事業の売上高を2020年度に2016年度比で1.5倍にすることを目指す。

「車載戦略部」は,従来各事業部が個別に行なっていた車載半導体に関する商品企画や技術ロードマップの策定,顧客への提案を事業部横断で実行する社長直下の新組織。事業部連携を強化し,全社として顧客対応を行なうことで,個々の製品に留まらない車載システム全体でのソリューション提案を実行する。

中国などを中心とした自動車生産台数の増加に伴い,世界の車載半導体の市場規模は今後5年間で約3兆8千億円から約5兆円に拡大する見通し。特に,自動車の運転支援や電動化に関わる分野は継続した成長が予想されている。同社は,画像認識LSI「Visconti™」シリーズや,アナログIC,パワー半導体などの製品をラインナップしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,車載カメラ向け認証済イメージセンサーを発売 2018年03月13日
  • 三菱電機,物体の質感を表現するディスプレー技術を開発 2018年02月20日
  • 三菱電機,自動車向け「安心・安全ライティング」を進化 2018年02月14日
  • 日板のプライバシーガラス,トヨタの高級ミニバンに採用 2018年01月31日
  • DNP,車の湾曲ウィンドウ向け軽量樹脂ガラスを開発 2018年01月22日
  • オムロン,「ドライバー見守り車載センサー」を発売 2017年12月26日
  • デンソーとNEC,車載用情報通信機器の開発会社を設立 2017年11月29日
  • アルパインとコニカミノルタ,車載HUDで共同開発 2017年11月21日