三菱ケミの植物工場野菜,優秀味覚賞を受賞

三菱ケミカルは,同社の完全人工光型植物工場システム「Plant Plant™」で栽培したベビーリーフ「キュアリーフ™」の3商品全てがiTQi(国際味覚審査機構)において優秀味覚賞を受賞したと発表した(ニュースリリース)。

「キュアリーフ™葉酸」が最高クラスの三つ星に,「キュアリーフ™ビタミンA」及び「キュアリーフ™カリウム」がそれぞれ二つ星に認定された。葉物野菜の優秀味覚賞の受賞は今回の「キュアリーフ™」が世界初となる。

植物工場システム「PlantPlant™」は,高い技術力による安定的かつ効率的な生産が可能なこと等が評価され,2015 年10月に神奈川県の「ME-BYO BRAND」に認定されている。

この設備で栽培するベビーリーフは一般の野菜に比べビタミンA,ビタミンK,カリウム,葉酸などの栄養素が豊富であり,かつ,年間を通じて栄養素の濃度が一定に保たれる。またビタミンKが特に豊富なため,食品衛生法に定める「栄養機能食品(ビタミンK)」として提供することができる。

これらの特長に加えて,今回の受賞により,美味しさについても世界最高クラスの評価を得ることができたとしている。同社では今回の受賞を記念し,10月よりiTQi優秀味覚賞のロゴをデザインした新パッケージでの販売を神奈川県を含む首都圏の一部で開始し,以後,順次インターネット等での販売も行なっていく予定。

その他関連ニュース

  • NTT西ら,植物工場のAI・IoTで共同実験を開始 2018年10月16日
  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日
  • 理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞 2018年07月11日