パナ,蛍光灯の生産を今年度で終了

パナソニックは,2019年3月末をもって蛍光灯照明器具の生産を終了すると発表した(ニュースリリース)。

これは政府による「新成長戦略」「エネルギー基本計画」や日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の目標に基づくもの。なお,メンテナンス用の蛍光ランプは,照明器具生産終了後も継続生産する。

同社は,1952年にプル式の蛍光灯照明器具の生産を開始し,半世紀以上にわたり,蛍光灯を生産してきた。その後,非住宅向けの照明器具としては2010年12月に日本照明工業会の規格に準拠した直管LEDランプ搭載ベースライトを発売,2012年12月には一体型LEDベースライト「iDシリーズ」を発売し,LED照明の普及を加速させてきた。

この後,まず2018年4月末に黒板灯など用途別照明器具の一部,階段通路誘導灯を含む非常用照明器具(電池内蔵型)の一部,非常用ダウンライトの約70品番の生産を終了する。続いて,2019年3月末に,富士型,笠付,笠なし,埋込型や防湿型,防雨型照明器具,非常用照明器具の約120品番の生産を終了する。

今後は,より省エネ性が高く,長寿命が特長であるLED照明器具への移行を推進する。特に,蛍光ランプが多く使用されている施設市場向けについては,さまざまな施設や用途に対応ができる一体型LEDベースライトを中心とした高効率LED照明器具の普及を加速させていく。

その他関連ニュース

  • 京セラ,海中の光を模した「アクアリウムLED照明」を発売 2018年07月31日
  • 三菱電機,超小型・高機能LEDヘッドランプを開発 2018年06月12日
  • 凸版,自然光を再現するLED照明の販売を開始 2018年06月12日
  • 阪大ら,ゆらぎシンクロ型演出照明を開発 2018年03月23日
  • 旭光通商,多機能なスマホ型ハンドヘルド分光計を発売 2018年02月28日
  • 日亜,超高演色白色LEDを発売 2018年01月26日
  • TI,ヘッドランプ向けDLPテクノロジーを発表 2018年01月10日
  • エムティサービス,補正機能付きLED照明を発売 2017年11月21日