九大,燃料電池と太陽電池を融合する触媒を開発

九州大学研究グループは,田中貴金属工業との共同研究により,燃料電池と太陽電池を融合する同一触媒の開発に成功した(ニュースリリース)。

次世代の電池として,燃料電池と太陽電池はこれまで別々に開発されてきた。研究では,「自然界の水素酵素と光合成の機能を融合した新しい触媒」を開発した。

研究グループは,自然界からヒントを得て,光がない時(夜間)は,「水素」を電子源とする水素酵素のごとく,光がある時(昼間)は「水」を電子源とする光合成のごとく駆動する触媒・電池の開発を思いついた。

この触媒を用いると,「水素をエネルギー源として燃料電池が,水と光をエネルギー源として太陽電池が駆動する」ことを見出した。この成果はエネルギー研究の分野において格段の発展と波及効果をもたらす可能性があるとしている。

その他関連ニュース

  • NEDOら,太陽光発電システムの水没実験を実施 2017年12月04日
  • 東大,半透明ペロブスカイト太陽電池の透明度を向上 2017年11月29日
  • 東北大発ベンチャー,Si基板の評価装置を発売 2017年11月07日
  • 九大,近赤外光による水素発生に成功 2017年10月30日
  • 慶大,鉄を触媒にした官能基導入に成功 2017年10月19日
  • 東工大,燃料電池の反応生成液水を可視化 2017年10月05日
  • 理研,「京」でペロブスカイト太陽電池材料を発見 2017年10月05日
  • 産総研,薄膜太陽電池シミュレーションを無償公開 2017年09月25日