三菱電機,ライティングによる自動車安全性向上技術を開発

三菱電機は,光でドア開けや車の後退を事前に周囲の歩行者や車両に伝え,事故を未然に防ぐ技術を開発した(ニュースリリース)。

歩行者の交通死亡事故の約6割が夜間に発生している。また,自動走行車両の課題として,車の挙動が歩行者や他車には分かりにくく,車とその周囲とのコミュニケーション技術の向上が求められている。同社では安心・安全で快適な車社会を実現するために,周囲の歩行者や車両とのコミュニケーションを促進する分野の需要が高まると見て,ライトを使った安全性向上技術を開発した。

具体的には,路面ライティングとボディーライティングの併用により,遠くにいる周囲の歩行者や車両にいち早く車の動きを通知する。ドア開け時にはドア内側に設置したセンサーと連動し,適切なタイミングで表示点灯を開始すると共に,周囲の歩行者や車両を考慮し,後退やドア開けなどの車の動きがわかりやすい表示デザインと、気づきやすい照射位置を提案する。

その他関連ニュース

  • DNP,車の湾曲ウィンドウ向け軽量樹脂ガラスを開発 2018年01月22日
  • システムズエンジ,LiDARターゲット用/ドローン広域測定用/大型標準反射板を発売中 2018年01月01日
  • オムロン,「ドライバー見守り車載センサー」を発売 2017年12月26日
  • デンソーとNEC,車載用情報通信機器の開発会社を設立 2017年11月29日
  • アルパインとコニカミノルタ,車載HUDで共同開発 2017年11月21日
  • 【モーターショー】小糸,次世代ADBを参考展示 2017年10月26日
  • 【モーターショー】スタンレー,赤外線距離センサーを展示 2017年10月26日
  • 【モーターショー】スタンレー,レーザーヘッドランプのコンセプトモデル 2017年10月26日