SCREEN,OCT応用光干渉式断層撮像システムを発売

SCREENホールディングスは,細胞などを非侵襲のまま3次元で観察できる光干渉式断層撮像システム「Cell3iMager Estier」を開発した(ニュースリリース)。2017年12月から販売を開始する。

近年,細胞イメージング分野は,解析装置の進歩に伴って著しい発展を遂げており,生物顕微鏡を使用した,より詳細な生物現象の解析が可能になってきている。生物顕微鏡は,高解像度で鮮明な画像を取得できる半面,視野が限定されることや,染色などの前処理を行なうためサンプルに侵襲的な影響を与えることなどが課題となっている。

今回同社は,眼科領域での網膜診断などに使用されているOCT技術を搭載した,光干渉式断層撮像システム「Cell3iMager Estier」を開発。前処理を必要とせず,非侵襲かつ安全に,iPS細胞やES細胞などから作られたオルガノイドや生体組織サンプルの3次元画像を容易に撮像することを実現した。

また,空洞や間隙など,外からでは分からない内部構造を,わずか1分で深さ数百㎛まで撮像可能。さらに,研究現場で標準的に使用されているウェルプレートやシャーレのまま観察できるため,既存の生体顕微鏡との連携にも優れ,生物現象の立体的な解析を支援するとしている。

その他関連ニュース

  • 京大,精子形成メカニズムの一端を顕微鏡観察で解明 2018年10月17日
  • 東北大ら,皮膚内の微小血管を非侵襲で可視化 2018年10月15日
  • 産総研ら,CNTでBAT内の異常を細胞レベルで検出 2018年10月12日
  • 理研ら,AIによる細胞内1分子自動観察システムを開発 2018年09月27日
  • 阪大,MALDI-IMSで昆虫体内の農薬動態を可視化 2018年09月11日
  • 東大ら,顕微鏡視野を高速に移動する装置を開発 2018年09月05日
  • 横国大ら,OCTで焼結中セラミックスの内部構造を観察 2018年09月04日
  • ニコン,最大の視野数を実現した共焦点レーザー顕微鏡を発売 2018年09月04日