スタンレー,調光ミラーを開発

スタンレー電気はCEATEC JAPANにおいて,エレクトロクロミック技術を応用した透明状態と鏡面状態を切り替えられるミラーの開発品を参考展示した。

これはIOT膜の付いたガラスの間を銀の入った電解質で満たしたもので,電圧をのON/OFFによって銀が析出/溶出し,鏡と透明ガラスの状態を切り替えることができるというもの。色が変わるエレクトロクロミックガラスはこれまでに製品化されているが,鏡と切り替わるものは世界初だという。

厚さは数㎛~数十㎛で,溶液内の銀をガラス面に均一に析出させることが難しかったという。そのためには不純物対策など,高度な処理が行なわれている。

透明時の透過率は80%,鏡面時の反射率は現在のところ50%だが,70%を目標に開発を進めている。切り替えに要する時間は数百ミリ秒で,こちらも改善が必要な点となっている。

駆動に必要な電圧は鏡面にする場合で+3~4V,透明に戻す場合で-0.5V。同社では車のルームミラーやアミューズメント,光学素子などの応用を見込んでおり,2020年ころの製品化を目指している。

その他関連ニュース

  • NIMSら,電気で色が変わる材料を安定供給へ 2020年06月30日
  • 東大ら,ミラーで200nmの軟X線ナノビームを形成 2020年03月26日
  • 産総研ら,塗布プロセスの大面積調光デバイス開発 2020年01月29日
  • 北大ら,光共振ミラーで化学反応制御する技術開発 2020年01月28日
  • 東大ら,シール状の有機半導体超薄膜を開発 2019年12月18日
  • エドモンド,フォーカシングレンズと非軸楕円面ミラーを発売 2019年12月17日
  • NIMSら,アナログ色彩表現可能なディスプレー開発 2019年11月25日
  • 凸版,非通電時透明なフィルムを量産へ 2019年11月20日