東大ら,スピンゆらぎによる整流効果を発見

東京大学の研究グループは,カイラル磁性体において整流効果を世界で初めて観測し,その微視的起源がカイラルスピンゆらぎと呼ばれるカイラル磁性体に特有な熱的および量子的なスピンゆらぎであることを明らかにした(ニュースリリース)。

電流の向きによって電流の流れやすさが変わる現象を整流効果と呼ぶ。従来この整流効果は半導体の接合素子(半導体ダイオード)で実現され,広く応用されている。一方,近年カイラルな結晶では整流効果が物質単体で生じることが明らかになってきた。

しかしながら,これまでカイラルな結晶における整流効果の報告はいくつかの非磁性体に限られており,カイラルな結晶構造をもつ磁性体,カイラル磁性体における報告はなかった。

磁性体における整流効果は,外場によってその特性の制御が可能な整流素子といったカイラル磁性体を用いた新規機能性素子実現へつながると期待される。今回の磁性体における整流効果の発見とその微視的機構の解明は,そのような素子の実現に向けた,巨大応答,室温動作する物質探索への指針を与えると期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,非対称な人工格子構造で垂直磁化を増強 2019年05月22日
  • 名大ら,ハチの巣状単原子層物質プランベンを創製 2019年05月14日
  • 理研ら,1つの有機トランジスタで超伝導の発現条件を解明 2019年05月13日
  • 東大ら,磁気異方性の操作メカニズムをXMCDで解明 2019年05月10日
  • 東大,超短テラヘルツパルス光で磁化変調20%を達成 2019年05月07日
  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 理研,電子スピン量子ビットを量子非破壊測定 2019年04月18日