小糸,クワナジー製LiDAR内蔵ランプシステムを展示

小糸製作所は,米クアナジー・システムズ製の「S3ソリッドステートLiDARセンサー」を内蔵した自動車ヘッドランプおよびテールランプシステムの試作品をCEATEC JAPANにて展示した。両者は今年1月,自動車ヘッドライトの概念設計で協業することを発表している(ニュースリリース)。

このヘッドランプ/テールランプシステムを採用した自動車は,前後左右計4つのLiDARを車両のコーナー部分に備えることになる。最終的にはそれぞれ左右60度,前方10~15度の検知を行ない,車両の周囲環境を広範囲にリアルタイム3Dビューで把握し,物体を認識・追跡できるようにする。

LiDARはランプ内部に目立たずに収められるので,車両の外観に影響を与えず,さらにランプのケース内に収められることでほこりや泥,水から保護され,レンズウォッシャーを使用することでセンサーにとっての明瞭な視界を確保できる。

また,LiDARの代わりにカメラを入れることもできるので,柔軟にADASや自動運転のシステム構成を変更することもできる。小糸製作所ではLiDARの供給先をクワナジーに決定したわけではないとしつつ,2020年~2025年には製品化したいとしている。

その他関連ニュース

  • 2022年の世界カーナビ市場,3,117万台まで拡大 2018年01月22日
  • 三菱電機,電子ミラー向け物体認識技術を開発 2018年01月22日
  • オンセミ,ADAS向けイメージセンサーシリーズを発表 2018年01月15日
  • オンセミ,デプスマッピング機能付きCMOSセンサーを発売 2018年01月11日
  • ソニー,CESで「車の眼」の進化を紹介 2018年01月10日
  • オンセミ,バイドゥの自動運転プロジェクトに参加 2018年01月10日
  • システムズエンジ,LiDARターゲット用/ドローン広域測定用/大型標準反射板を発売中 2018年01月01日
  • トプコン,点群データの処理サービスを開始 2017年12月28日