NEDOら,ドローン向け気象情報提供の実験を実施

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日本気象協会は,10月24日~26日の3日間,ドローン向け気象情報提供のデータ連携の実証試験とドローンによる気象観測の実証試験を,福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施する(ニュースリリース)。

ドローンの活用を物流,インフラ点検,災害対応などの分野で進めるためには,ドローンの安全飛行を妨げる突風や豪雨,雷,霧などの気象現象を,詳細かつ正確に把握し,予測することが重要であることから,日本気象協会は,ドローン向け気象情報を「把握」・「予測」・「提供」する技術の開発を進めている。

実験では,ドローン離発着場での地上気象観測とドップラーライダーによる上空の風観測を行ない,その観測データと実証エリア付近の気象予測をドローン運航者とドローン航空管制事業者へ試験提供を行なう。

具体的には,気象センサーにより地上気象の観測を行なうと共に,ドップラーライダーにより高度50~150mの風を測定し,雨,風などの予測データをドローン運航管理システムに試験配信を行なう。さらに,天気予報や気象情報を閲覧可能なPCを設置し,気象情報のニーズや課題を確認する。

また,気象センサーを搭載したドローンを飛行させ,高度50m,100m,140mの気象観測を行なう。この結果は,ドップラーライダーの観測との比較により精度検証を行ない,今後の開発に役立てていく。

今後,これらの実証試験で得られた知見をもとに,ドローン向け総合気象情報提供機能の開発を進め,ドローンの利活用拡大と安全で効率的なドローンの運航の実現を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 九大ら,PM2.5など微粒子による気候変化を解明
    九大ら,PM2.5など微粒子による気候変化を解明 2019年03月19日
  • ams,光学距離測定/3Dスキャン向けTDCを発売 2019年03月13日
  • 国土交通省ら,陸上・水中レーザードローンを開発 2019年02月04日
  • 京大ら,レーザーで一斉孵化のメカニズムを解明 2019年01月07日
  • サン電子ら,5G+スマートグラスでドローンを遠隔操作 2018年12月04日
  • 三菱電機,豪雨予測用ライダーの実証実験を開始 2018年10月16日
  • 北大,蛍光分析法でエアロゾルの有機物を観測 2018年10月09日
  • 千葉大,衛星リモートセンシングで異常気象を確認 2018年09月20日