2019年にかけ,シリコンウエハ出荷面積最高水準に

SEMIは10月16日(米国時間),半導体向けシリコンウエハ出荷面積の年次予測を発表した(ニュースリリース)。この予測は,2017年~2019年のシリコンウエハの需要量見通しを提供するもの。

ポリッシュドウエハおよびエピタキシャルウエハの合計出荷面積が,2017年は114億4,800万平方インチ,2018年は118億1,400万平方インチ,2019年は122億3,500万平方インチとなる予測結果となった。

2017年は2016年に記録された過去最高値を更新し,2018年,2019年も,過去最高水準が継続する見込みだとしている。

また,今年から2019年にかけて,シリコン出荷面積は過去最高水準となると予測する。自動車,医療,ウェアラブル,高性能コンピューティングのアプリケーションで必要とされるコネクテッドデバイスの急増による,安定した年間成長が期待されているとしている。

その他関連ニュース

  • 半導体前工程ファブ装置への投資額,3年連続で更新 2018年06月13日
  • SEMI,Q1/2018の半導体製造装置出荷額が過去最高と発表 2018年06月05日
  • SEMI,Q1/2018のシリコンウエハ出荷面積の記録更新を発表 2018年05月16日
  • 2017年の世界半導体材料市場,前年比9.6%増に 2018年05月02日
  • 半導体フォトマスク市場,2019年には40億ドルに 2018年04月10日
  • SEMI,2017年の半導体製造装置市場は37%増と発表 2018年04月09日
  • 半導体前工程ファブの装置投資,4年連続成長へ 2018年03月13日
  • SEMI,2017年のシリコンウエハ出荷面積は10%増と発表 2018年02月07日