オムロン,多分割受光素子によるLiDARを開発

オムロン オートモーティブエレクトロニクスは,車の周囲の状況を高精度に計測できる3D-LiDARを開発したと発表した(ニュースリリース)。

現在,車の前方検知用センサーとして主流となっているカメラやミリ波レーダーは,天候や検出物体の性質の影響を受けやすく,ポールや縁石など障害物の多い一般道や市街地での自動運転の実現には,車の周辺状況を高精度に検知できるLiDARセンサーの併用が不可欠とされている。

そこで同社は,赤外線レーザーを水平方向にスキャンし,縦方向に分割した多分割受光素子で受光することで,広い視野角(水平140度,垂直20度)と高解像度(水平140ピクセル,垂直32ピクセル)を実現した3D-LiDARを開発した。

この3D-LiDARは,30m先にある縁石や段差など高さ10cm程度の障害物を高精度に計測する。車両メーカーは,この3D-LiDARを用いることで,これまで検出が難しかった低背の様々な障害物を計測し,安全な走行ルートを決定できるシステムの開発が可能となる。

また,3D-LiDARを車両の周囲4か所に取り付け,計測結果を統合・分析することで,車両の360度周囲にいる歩行者や,四輪車,二輪車,縁石などの物体を認識することが可能となる。同社では今後,2020年の量産開始を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • ヴァレオとWABCO,商用車向けLiDAR等で協業 2018年09月21日
  • ドコモら,自動運転によるオンデマンド移動実験を実施 2018年09月19日
  • オムロン,前方長距離用の3D-LiDARを開発 2018年09月19日
  • 東陽テクニカ,ベルギー製メカレスLiDARを発売 2018年09月11日
  • 【OPTO TAIWAN】多角化を進める亞洲光學 2018年09月04日
  • Cepton,小糸にLiDARのサンプルを供給 2018年07月30日
  • JAXAらが開発する乱気流検知装置,標準化に一歩 2018年07月24日
  • リコー,路面状態まで捉えるADAS向け3Dカメラを発売 2018年07月24日