トプコン,3D点群データの共有・閲覧アプリを開発

トプコンは,急速に普及が進むドローンやレーザースキャナー,モバイル・マッピングによる測量で取得した大容量の3D点群データを,誰でも簡単に閲覧・共有できるウェブ・アプリケーション「MAGNETTM Collage Web」を発売した(ニュースリリース)。

建設業界における深刻な人手不足を緩和するために,ICTを導入することで,技能労働者一人当たりの生産性を向上させる取組みが進んでいる。日本では,国土交通省が推進する「i-Construction」仕様の工事発注が増加するに伴い,地形や構造物の現況を高密度にデジタル化する3D測量技術への依存度が高まっている。

しかしながら,3D測量により取得された3D点群データは,高密度ゆえにデータ量が膨大になるため取扱いが難しく,作業進捗の把握が遅れたり,品質を判断する際に時間を要したりなど,後工程作業や計画変更を迅速に進めるときのボトルネックになっている。

この製品は,3D点群データを,いつでも,どこにいても,閲覧・共有することのできる世界初のウェブ・アプリケーション。クラウド環境で最適に動作するデータ処理技術を応用しているため,ウェブ・ブラウザ上での動作も快適で,閲覧者にストレスを感じさせないため,現場のさらなる生産性向上が期待できる


  • その他関連ニュース

    • ヴァレオとWABCO,商用車向けLiDAR等で協業 2018年09月21日
    • オムロン,前方長距離用の3D-LiDARを開発 2018年09月19日
    • 東陽テクニカ,ベルギー製メカレスLiDARを発売 2018年09月11日
    • リコー,機器組込み可能な3Dスキャナーを発売 2018年09月11日
    • 富士通のクラウド,点群データソフトを提供 2018年08月27日
    • Cepton,小糸にLiDARのサンプルを供給 2018年07月30日
    • JAXAらが開発する乱気流検知装置,標準化に一歩 2018年07月24日
    • Cepton,独自方式のLiDARをデモ 2018年07月13日