ニコン,非破壊検査・非接触計測装置のデモルームを開設

ニコンインステックは,産業機器事業の非破壊検査装置,非接触三次元測定機の認知度向上と売上拡大を主な目的として,2017年10月11日,横浜市栄区にデモンストレーション施設を開設した(ニュースリリース)。

これらの製品は,世界的に市場の拡大が期待されており,今回,日本を中心としたアジア地域の顧客に,製品に触れてもらう機会をよりいっそう提供するために,新しい施設の開設を決定した。設置する非破壊検査装置,非接触三次元測定機の設置品目は随時入れ替わる。

この施設には,航空機の機体部品や自動車のホワイトボディなど,大型構造物の非接触計測が可能な「Laser Radar」を設置している。また,製品ごとに個室を設けているので,機密性の高い被検物を安心して持込める。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,ミューオンビームで隕石を非破壊分析 2017年11月14日
  • 島津,卓上装置として最高性能の小型MALDI-TOFを発売 2017年10月31日
  • 島津製作所,コンパクトなFT-IR 2機種を発売 2017年10月05日
  • 西松建設ら,車両搭載型レーザー計測システムの有効性を確認 2017年09月11日
  • 電通大,大型物の測定が可能な光コムイメージングを開発 2017年06月19日
  • 芝浦工大,レーザー誘起プラズマで果実を評価 2017年06月09日
  • JR東海,橋脚防護ブロックのレーザー計測技術開発 2017年05月26日
  • 東大ら,ミュオグラフィの共同開発を開始 2017年05月19日