理科大藤嶋学長,平成29年度文化勲章を受章

東京理科大学学長の藤嶋昭氏は,平成29年度文化勲章を受章することが決定した(ニュースリリース)。

文化勲章は,我が国の文化の発達に関して顕著な功績のあった者に対して授与される勲章。

藤嶋氏は昭和41年に横浜国立大学を卒業,昭和46年に東京大学大学院工学系研究科博士課程を修了し,神奈川大学工学部講師,東京大学工学部講師,助教授,教授などを経て,平成22年1月に同学の学長に就任し,現在に至っている。

また,朝日賞,日本化学会賞,紫綬褒章,日本国際賞,日本学士院賞など多数受賞し,平成22年度には文化功労者に選ばれている。

藤嶋氏の専門は光電気化学,機能材料で,酸化チタン・白金による水の光分解は「本多・藤嶋効果」として知られている。今日,この発見をもとに光触媒技術は空気浄化,水浄化,防汚・防曇,抗菌・殺菌などに利用されている。

その他関連ニュース

  • 大川賞,東工大教授の小山二三夫氏らが受賞 2018年11月09日
  • ヘルツの防振台,神奈川工業技術開発大賞を受賞 2018年11月09日
  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日