府大,有機分子の滴下で多孔質ナノシートを作製

大阪府立大学は,水面上に有機分子の溶液を滴下するという極めて簡便な方法で,細孔の形状とサイズがナノスケールで揃った多孔質ナノシートの作製に成功した(ニュースリリース)。

厚さが数ナノ~十数ナノメートルのシート状のナノ材料は,ナノシートと呼ばれ,究極に薄い機能材料として,小型化,省資源性の観点から注目を集めている。

これまでに報告されている多くのナノシートは,マクロスケールの材料を剥離することにより製造されるが,高温・高圧下でのマクロ材料の合成,剥離,剥離体(ナノシート)の分散液の調整,剥離体の製膜など,多くのプロセスを要する上,超音波などの刺激を必要とする剥離の過程でナノシートが劣化したり,再凝集が起きたりする問題があった。

研究グループは,常温常圧下で水面上にナノシートの構成要素となる有機分子を含む溶液を滴下するという極めて簡便な方法で,結晶性かつ多孔質のナノシートを作製することに成功した。用いた分子1,3,5-トリス(4-カルボキシフェニル)ベンゼンはBTBと呼ばれ,平らな三角形状を有し,ベンゼン環を4つ含む疎水性の中心部と,親水性のカルボン酸が周囲に配置された構造をとる。

この分子を積み木に見たてると,同じ形の積み木が連結することで,規則正しく穴が空いたシートができ上がる。このナノシートは,水面で凝集することなく安定に存在し,多孔質構造を保持したまま,用途に応じて様々な基板に転写することが可能。

このような,分子が規則正しく配列し,形状とサイズが揃った細孔を有するナノシートは,高性能な分離膜や有機薄膜太陽電池への応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 山口大ら,ニオブ酸ナノシートの光操作に成功 2018年04月16日
  • 市大ら,鶏卵由来タンパク質で水素製造光触媒を構築 2018年02月09日
  • 東北大,超低かさ密度・透明なモノリス型多孔体を作製 2018年02月05日
  • 東北大ら,環境に優しく3次元ナノポーラス合金を創製 2018年02月05日
  • 東大ら,2次元有機単結晶ナノシートを大面積で成膜 2018年02月05日
  • 名大,液体内にナノサイズの空間形成に成功 2018年01月11日
  • 東大,迷路状の孔で進む相分離を新モデルで説明 2017年12月26日
  • 慶大,鉄を触媒にした官能基導入に成功 2017年10月19日