【モーターショー】スタンレー,レーザーヘッドランプのコンセプトモデル

スタンレー電気は,東京モーターショーでレーザーヘッドランプを実際の車に搭載したコンセプトモデルを展示する。

レーザーでロービーム,ADB(Adaptive Driving Beam:配光可変型ヘッドランプ)ハイビーム,プロジェクターを構成しており,特にADBはレーザーをMEMSミラーでスキャンすることで対向車や前走車にハイビームを当てないような仕組みとなっている。

また,近距離センサーを搭載し,近傍の人を検出するとその足元をプロジェクターで照らすことでドライバーに注意
喚起する機能も搭載した。

これらの機能を実現しながら,このコンセプトモデルは実際の車(ホンダ アコード)のヘッドランプシステムをそのまま入れ替える形で実現している。エンジンを下すなど,ヘッドランプの為に新たなスペースを用意せずに実装しているという。

ただし,このコンセプトモデルはレーザー光源で可能となるスキャン方式のADBのデモが主体であることもあり,レーザー自体の出力などのは公表していない。現在同社ではハイパワーを含むレーザーヘッドランプの可能性を探っており,価格や耐久性の目途がつき次第実用化したいとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱電機,物体の質感を表現するディスプレー技術を開発 2018年02月20日
  • 三菱電機,自動車向け「安心・安全ライティング」を進化 2018年02月14日
  • 日板のプライバシーガラス,トヨタの高級ミニバンに採用 2018年01月31日
  • DNP,車の湾曲ウィンドウ向け軽量樹脂ガラスを開発 2018年01月22日
  • システムズエンジ,LiDARターゲット用/ドローン広域測定用/大型標準反射板を発売中 2018年01月01日
  • オムロン,「ドライバー見守り車載センサー」を発売 2017年12月26日
  • デンソーとNEC,車載用情報通信機器の開発会社を設立 2017年11月29日
  • アルパインとコニカミノルタ,車載HUDで共同開発 2017年11月21日