【モーターショー】マクセル,曲面スクリーン3Dディスプレーを展示

マクセルは東京モーターショーで,曲面スクリーン上に立体像を表示する「Glasses-free 3D-Display」(裸眼3Dディスプレー:3D-Display)を展示する(関連記事)。

これは情報通信研究機構(NICT)と共同開発したもので,NICTの3Dディスプレー技術「fVisiOn」(関連記事)をブラッシュアップし,さらに解像度を高めたものとなっている。

原理は,レンチキュラーレンズを用いた光線の拡散を制御する円錐状スクリーンに対して,複数のプロジェクター からの映像を同期して重畳投写することで,スクリーン内に3D映像を表示するというもの。この方式は解像度がプロジェクターの数に依存するが,今回同社では光学系配置の最適化により,光線密度を従来比3.5倍と高めることに成功した。

具体的には視野角50°(原理的には360°全方位から立体像を得られるが,展示では実証が目的として制限)において,144台のLEDピコプロジェクターを用いてデモを行なう。同社では今回,女性キャラクターを表示するが,将来的には自動車に搭載し,ドライバーのコンシェルジュとして活用できるのではないかとしている。

ただし,現在のところ360°の立体像を得るためには1000台以上のプロジェクターが必要なこと,またさらなる高精細な映像を求める声が多いことから,さらに光学系を工夫するなどして対応したいとしている。装置の小型化・低消費電力化も必須だが,これには超小型なレーザープロジェクターの開発が有効となりそうだ。

その他関連ニュース

  • 多元技術融合光プロセス研究会,「レーザー加工技術の最新動向」を開催 2018年09月04日
  • NHK技研,立体映像向け光フェーズドアレーデバイスを試作 2018年06月05日
  • エフエーシステム,OPIE’18で3D機器やコンテンツを展示 2018年04月17日
  • DNPら,郵送可能な簡易VRゴーグルを開発 2018年04月04日
  • 中大ら,多視点裸眼3Dディスプレー向け手術動画を公開
    中大ら,多視点裸眼3Dディスプレー向け手術動画を公開 2018年03月08日
  • オンセミ,デプスマッピング機能付きCMOSセンサーを発売 2018年01月11日
  • 東大ら,浮遊可能なLED発光体を開発
    東大ら,浮遊可能なLED発光体を開発 2018年01月10日
  • トプコン,点群データの処理サービスを開始 2017年12月28日