【モーターショー】パイオニア,3D LiDARの開発機を公開

パイオニアは東京モーターショーにて,開発した3D LiDARを公開した(関連記事)。同社は以前より車載用LiDARの開発を進めていることを公言しており,前回(2015年)の東京モーターショーではヘッドランプ内に収まる球状のプロトタイプ(写真右)を展示しており,開発の進捗が注目されていた。

今回公開したのはラスタースキャン方式のLiDAR。高さ20cm程度の箱型(写真左)で,会場では約7mの距離から展示品周辺をスキャンするデモを行なう。解像度など詳細なスペックは非公開としているが,10月よりティア1といった自動車部品メーカーやICT企業にサンプル提供して評価を始めている。

同社は画角の異なる4つのライプのLiDARを開発する予定。具体的には望遠(100~200m)/標準(100m前後)/準広角/広角の4つで,このうち望遠~準広角までは標準となる本体に異なる光学系を加えることで実現するとしている(写真中央)。今回展示するのはこの標準となる本体部分を開発するためのサンプルとなる。

なお,望遠~標準まではラスタースキャンにて対応できるが,180°以上の広角を実現するためには回転させた皿が倒れこむときのような動きをMEMSミラーに行なわせる「ウォンブリングスキャン方式」を予定しており,実証実験も済んでいるという。ただし,この方式は検出距離が半分程度になる。前回のモーターショーで公開した球状のLiDARはこのウォンブルスキャン方式を用いた広角・近距離を検出するタイプ。

同社のLiDARはMEMSミラーを用いているので小型化しやすいほか,レーザーディスクなどを製造してきた経験もあることから量産化にも有利な点も多い。

今回のサンプルは動作検証のための試作機ということからMEMSはHUD用のものを用いるなど「ありものを使って作った」(担当者)が,来年は専用のMEMSや部材を用いた次世代機を試作し,2020年までの製品化を目指す。また,同社はオランダの地図会社HEREと協業を進めており(関連記事),ここで実際にLiDARを使用することで実用化への知見を積むとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱電機,電子ミラー向け物体認識技術を開発 2018年01月22日
  • オンセミ,ADAS向けイメージセンサーシリーズを発表 2018年01月15日
  • オンセミ,デプスマッピング機能付きCMOSセンサーを発売 2018年01月11日
  • ソニー,CESで「車の眼」の進化を紹介 2018年01月10日
  • オンセミ,バイドゥの自動運転プロジェクトに参加 2018年01月10日
  • システムズエンジ,LiDARターゲット用/ドローン広域測定用/大型標準反射板を発売中 2018年01月01日
  • トプコン,点群データの処理サービスを開始 2017年12月28日
  • パイオニア,LiDARのNVIDIAプラットフォーム対応を協議 2017年12月20日