オンセミ,車載向けCMOSの新製品を発表

オン・セミコンダクターは,ADAS,ミラーリプレイス,リアおよびサラウンドビュー・システム,自動走行などの車載アプリケーション向けCMOSイメージセンサープラットフォーム「Hayabusa™」とファミリー製品「AR0233」を発表した(製品ページ)。

「Hayabusa™」は,業界最高クラスの100,000エレクトロンの電荷容量を備えた,3.0μmの裏面照射ピクセル設計を特徴としており,さらにLEDフリッカー抑制(LFM)と同時に機能するオンチップ・ハイダイナミックレンジ(HDR),リアルタイムの機能安全,車載グレード認定などの車載対応機能を備えている。

この製品を使用することにより,自動車メーカーは,ユーロNCAP 2020などADASの標準規格に対応し,フリッカー抑
制技術を用いた電子ミラーや高解像度のサラウンドビュー・システムなど,次世代の機能を実現できる。

1/2インチ~1/4インチの光学センサに対応するスケーラブルなアプローチにより,自動車メーカーの車載プラットフォーム向けの開発期間と開発工数を削減し,市場投入までの期間を短縮できるとしている。

このピクセル設計による高い電荷容量で,同ファミリーの各デバイスは,スーパーエクスポージャー性能を提供することができ,その結果,低照度感度を損なうことなく,LFMと120デシベル(dB)のHDRを実現している。この機能により,画像の中の非常に明るい領域と暗い領域においてすべての物体や潜在的な危険物を特定できる。

LFM機能は,運転者の注意を散漫にしかねず,またADASのマシンビジョン・アルゴリズムの画像解析ミスを引き起こす危険性を増大させる,前方や後方のライトならびに交通標識のLEDといったパルス光源のフリッカーを見えにくくする。

さらに,センサーが問題や潜在的なエラーを発見した場合にシステムプロセッサに警告する,ISO26262準拠のリアルタイムの機能安全の機能群を備える。この機能群により,ASIL-Cまで対応するシステム設計が可能になる。リアルタイムの機能により,画像全体をプロセッサへ送信して画像解析を待つことなく,エラーを即時に特定できる。

このファミリーの最初の製品は,2.6Mピクセルの「AR0233」CMOSイメージセンサーで,60fpsで動作し,ウルトラHDRとLEDフリッカー抑制はもとより,このプラットフォームのすべての機能を同時に実現しているという。

その他関連ニュース

  • パナ,福井で自動運転の実証実験を実施 2017年11月13日
  • オンセミ,グローバルシャッタCMOSを発売 2017年11月13日
  • ドコモら,ラストワンマイルの自動運転実証実験を実施 2017年11月08日
  • 富士通とHERE,自動運転で協業 2017年11月08日
  • オンセミ,230万画素裏面照射型センサーを発売 2017年10月31日
  • 【モーターショー】パイオニア,3D LiDARの開発機を公開 2017年10月26日
  • 【モーターショー】クラリオン,カラーナイトビジョンを発表 2017年10月26日
  • 【モーターショー】オムロン,3D Lidarを公開 2017年10月26日