島津,アーチファクトを低減するCT用ソフトを発売

島津製作所は,同社のマイクロフォーカスX線CTシステム「inspeXio(インスペクシオ)SMX-225CT FPD HR」向けに,CT画像に発生するアーチファクトを大幅に低減して鮮明な画像を取得可能にする「金属アーチファクト低減ソフトウェア」を発売した(ニュースリリース)。価格は50万円(税別)。

マイクロフォーカスX線CTシステムは,観察対象物(ワーク)の内部構造を3次元で観察するための装置。アルミダイカスト部品などの故障解析や検査などに長けている一方で,金属と樹脂などX線吸収率の異なる素材で形成される複合部品を撮影すると,アーチファクトと呼ばれる本来は存在しない虚像が発生し,観察の妨げになることがある。

このソフトウェアは,樹脂材料でも鮮明な画像を取得できるこのシステムの利点を犠牲にすることなく,選択されたワークの材質に合わせた画像処理を行なうため,複合素材で形成されたワークの画像に発生したアーチファクトも大幅に低減することできる。同社での試験においては,アルミニウム,鉄,樹脂から形成された評価用ワークの撮像画像に対して,アーチファクトを約90%低減できた。

そのため,ケーブルコネクタやフォトセンサーのような部品やリチウムイオン電池などの観察に適している。また,処理途中の画像を表示し,使用者が望むアーチファクト低減度合いで処理を止めて画像を出力することが可能なため,処理時間を最小限に留めることも期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,軟X線レーザーで第2高調波を観測 2018年05月28日
  • X線ミラーのジェイテックコーポレーション,マザーズに上場 2018年03月12日
  • 理研,従来の100倍明るいX線の取出しに成功 2018年03月02日
  • 名大ら,数万気圧極低温下での単結晶X線結晶構造解析に成功 2018年01月29日
  • 理研,X線タイコグラフィで試料のXAFSを取得する手法を開発 2018年01月23日
  • 理研,正確なXFELパルスの空間コヒーレンス計測法を開発 2018年01月18日
  • 原研ら,放射光光電子顕微鏡で絶縁物をナノスケール化学分析 2018年01月12日
  • 理研,植物の青色光受容の分子機構の一端を解明 2017年12月27日