九大,近赤外光による水素発生に成功

九州大学の研究グループは,非常に低エネルギーである近赤外光を用いて,水から水素を発生させることに世界で初めて成功した(ニュースリリース)。

太陽光を利用した水からの水素エネルギー製造はクリーンで再生可能であるという点で,昨今のエネルギー問題の有力な解決技術として盛んに研究が行なわれてきた。しかしながら,従来のモデルでは,波長が600nmまでの可視光領域しか利用することができず,十分に太陽光エネルギーを活用できないという状況が続いていた。

研究グループは,分子内に3つのルテニウム中心を含有する金属錯体を光捕集分子として採用することで,近赤外光を用いた水素発生反応に世界で初めて成功した。

これは従来のモデルよりもおよそ2倍の太陽光エネルギーを利用可能にしたという点で非常に興味深い結果であるといえる。また天然の光合成でも利用が難しい長波長域の光を,人工分子システムで初めて利用可能にしたことから,今後の実用可能な人工光合成システムへの応用が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • NEDOら,大面積/高効率ペロブスカイト太陽電池を開発 2018年06月18日
  • 東工大ら,有機半導体材料と鉄錯体の光触媒でCO2を還元 2018年06月13日
  • 三井化学,透明材料がフレキブル太陽電池に採用と発表 2018年06月01日
  • 富士通フロンテック,低照度で稼働する太陽電池センサービーコンを開発 2018年05月15日
  • 日板,太陽電池向けガラスを増産へ 2018年05月15日
  • OIST,無機材料を用いたペロブスカイト太陽電池を開発 2018年05月11日
  • 阪大,AIによる高分子太陽電池の材料設計に成功 2018年05月09日
  • 京大ら,寿命1000倍となる有機太陽電池の構造を実現 2018年05月01日