ドコモ,ドローンによるLED球体ディスプレーを公開

NTTドコモは,ドローンを用いたLED球体ディスプレーをデジタルコンテンツエキスポにて展示した(関連記事)。

これはドローンの周囲にLEDを貼り付けた弧状のフレームを天地方向に8本取り付け,LEDを点滅しながら回転させることで残像による球体の映像が浮かび上がるというもの。このフレームを1秒に3回転させるので,フレームレートは24fpsとなる。

フレーム1本に取り付けられたLEDは144個。そのため解像度は天地方向が144,水平方向が136(1周)となる。LEDはRGBタイプでそれぞれに制御用のマイコンが付いており,全体の制御は超小型PCのRaspberry Piを使い,SPI通信で行なっている。

浮遊用のドローンの他,LEDの点灯と制御,LEDのフレームの回転機構,フレームの回転による反力を打ち消すためのスラスターなどの電力が必要なことから,現在のところ飛行時間は3~5分程度だという。今後は有線・無線給電も視野に開発を進める。

また,次世代機として解像度が640×320となるタイプも開発しており,完成すれば8dpi程度の解像度を得ることができるとしている。同社ではこの危機をイベント等で貸し出すビジネスを始めたいとしており,2020年のオリンピックまでに完成形を目指す。

その他関連ニュース

  • 東工大,有害元素フリーの高効率青色発光体を実現 2018年09月20日
  • フェニックス電機ら,近紫外~近赤外の広帯域LEDを開発 2018年09月12日
  • 2023年,TV向けAMOLED市場は2017年比8.4倍の1,420万枚 2018年09月11日
  • DOWA,1,300nm帯で出力6.8mWとなるLEDチップを開発 2018年09月03日
  • 2023年,TV向けAMOLED市場は8.4倍の1,420万枚に 2018年09月03日
  • 【OPTO TAIWAN】台湾最大のターゲット材メーカー,鑫科材料科技 2018年08月31日
  • 【OPTO TAIWAN】和蓮光電科技のマイクロLED 2018年08月30日
  • 【OPTO TAIWAN】レーザー用蛍光体大手の台灣彩光科技
    【OPTO TAIWAN】レーザー用蛍光体大手の台灣彩光科技 2018年08月30日