島津,卓上装置として最高性能の小型MALDI-TOFを発売

島津製作所は,マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計「MALDI-8020」を発売する(ニュースリリース)。価格は2400万円(税別)。

マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型(MALDI-TOF)の質量分析計は,四重極型や磁場型などと比べて,広い測定質量範囲と高い質量分解能を両立している点が特長。核酸やタンパク,高分子の測定に強みがあり,その需要は製薬や化学分野を中心に拡大している。ただし,従来機は高さが2m近かったため,設置場所が限られていた。

今回,設計を見直すことで装置の高さを約1mと,従来比半分に抑えた。設置面積は従来比25%減,重量は同74%減に抑えられ,小型化・軽量化に成功した。分解能と感度は卓上型として世界最高級となる。

さらに,従来機種の50Hzから200Hzへというレーザー高速化や排気システムの改良による真空待機の短時間化,さらにはステージの高速化によって,測定時間を大幅に短縮した。

基本設計の見直しによって,保守点検の機会を減らしてランニングコストを下げた。イオン引出光学系をカートリッジ方式に変更し,真空システムのポンプ数を削減した。また,100ボルト電源が使用可能なため,電源追加の設備工事が不要となっている。

その他関連ニュース

  • ニコン,非破壊検査・非接触計測装置のデモルームを開設 2017年10月24日
  • 西松建設ら,車両搭載型レーザー計測システムの有効性を確認 2017年09月11日
  • アルネアラボラトリ,パワー測定機能を含む光マルチテスタを開発 2017年08月02日
  • 電通大,大型物の測定が可能な光コムイメージングを開発 2017年06月19日
  • 芝浦工大,レーザー誘起プラズマで果実を評価 2017年06月09日
  • JR東海,橋脚防護ブロックのレーザー計測技術開発 2017年05月26日
  • KEK,レーザーで地面の微小変動を連続観測 2017年04月24日
  • 阪大,固体表面の力分布をベクトル量として計測 2017年04月18日