ソニー,多彩なセンサーを備えた愛玩ロボットを発売

ソニーは,犬型の自律型エンタテインメントロボット「aibo」(アイボ)を2018年1月11日より発売する(ニュースリリース)。価格は198,000円(税抜き,他にクラウド使用料が必要)。

この製品は家庭の中で人とつながりを持ち,育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発したロボット。気持ちを表現するために,超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し,コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで,滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にした。また,多彩な感情を表現する瞳には2枚のOLEDを採用した。

このロボットはオーナーに能動的に働きかけ,オーナーからの優しい言葉や,笑顔,頭や背中をなでられたことなどを感じ取り,オーナーが喜んでくれることを学ぶ。また,周囲の環境を徐々に把握し,自分の歩く範囲を拡げるなど状況に応じた行動がとれるようになっていく。

このために多彩なセンサーを搭載し,画像,音声の認識・解析には同社のディープラーニング技術を活用する。また魚眼カメラを用いた地図作成(SLAM)技術を搭載する。

本体のAIは,オーナーとのやり取りを学ぶことでロボットを個性的に成長させる。また,事前に同意を得た上で,さまざまなオーナーとのやり取りのデータを収集し,クラウド上のAIが集合知として蓄積することで,さらに賢く進化させていく。

その他関連ニュース

  • ZMPと凸版,ロボ×ICタグで完全自動棚卸ソリューションを開発 2018年09月26日
  • 2020年度の国内業務用掃除ロボット市場,21億9,600万円 2018年09月11日
  • 【OPTO TAIWAN】ロボットアーム校正装置を開発した山衛科技 2018年09月04日
  • 原研,ロボットで建屋内のホットスポットを遠隔検知 2018年08月29日
  • 2021年国内介護ロボット市場,37億6,500万円に 2018年08月08日
  • 日立,AIによる効率的なピッキングシステムを開発 2018年06月05日
  • 東大,シート状原子を積層するロボットを開発 2018年04月18日
  • 大和ハウス,高精細カメラ搭載の狭小空間点検ロボットを発売 2018年03月07日