オリンパス,世界最速の超解像顕微鏡を開発

オリンパスは,細胞内部の構造や信号伝達などの動きをライブ観察できる世界最速の超解像イメージングシステム「SpinSR10」を2018年1月から全世界で発売する(ニュースリリース)。

独自の光学特許技術により120nmの分解能を達成。また「スピニングディスク共焦点光学系」の技術を応用することで,最速0.005s/フレームの画像取得速度を実現している。これら両技術を組み合わせることでサンプルの高速な超解像観察が可能となり,オートファジーのような高速かつ微細な現象もライブ観察できる。

また,超解像観察だけでなく広視野での蛍光観察,共焦点観察に対応しており,それらの観察方法の切り替えをワンクリックで行なえる。これにより広い視野で観察したい場所を特定した後,超解像観察に切り替えが容易にできるため、興味領域の探索に手間をかけることなく,スムーズな観察を実現する。

レンズ開発においては深部観察にこだわり,厚みのあるサンプルでも深部まで観察可能なシリコーン浸対物レンズを提供する。シリコーン対物レンズは,レンズとサンプル容器の間に液体を満たして観察する「液浸観察」で使用する。

浸液に用いるシリコーンオイル(ne≒1.40)は生体サンプル(ne≒1.38)と近い屈折率を持ち,屈折率の差で生じる球面収差を低減できるため,細胞をスライス加工せずに観察する脳海馬のような厚みのあるサンプルでも深部まで高精細な観察できる。

こうした特長から,がんやアルツハイマー病など医学分野の研究において更なる発展への貢献が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 生理研,CNTで電顕による神経回路観察法を高効率化 2018年02月07日
  • 東大,超高速共焦点蛍光顕微鏡を開発 2018年01月30日
  • 筑波大ら,カビの成長機構を超解像度顕微鏡で解明 2018年01月26日
  • エドモンド,顕微鏡用接眼レンズの発売を開始 2018年01月24日
  • オリンパス,多光子励起レーザー走査型顕微鏡用対物レンズを発売 2018年01月17日
  • 原研ら,放射光光電子顕微鏡で絶縁物をナノスケール化学分析 2018年01月12日
  • 京大ら,固体-液体界面での水分子分布を可視化 2017年12月25日
  • OIST,STED顕微鏡で大腸菌の分裂機構を可視化 2017年12月21日