住友電工,EPON製品の相互接続認定を取得

住友電気工業は,1G/10G-EPON製品において,日本のケーブルテレビ技術標準化団体である一般社団法人日本ケーブルラボ(JLabs)より,10月6日付で「EPON相互接続運用仕様SPEC-027 1.1版」の認定を取得した(ニュースリリース)。EPON相互接続認定を取得するのは,同社が第一号となる。

EPON相互接続認定とは,その製品がJLabsの策定する運用仕様に合致し,当該仕様に基づく製品との相互接続性を保持していることを認めるもの。この度認定を受けた同社製品は,センター装置(OLT)2機種「FSU7101」と「FSU7102」,宅内端末(ONU)2機種「FTE7553-BAX」と「FTE6083」。

国内ケーブルテレビ事業者は認定された製品を用いることで,異なるベンダー間の相互接続(例えば,同社製OLTと他社製ONUの接続)が可能となり,自社サービスに合ったシステム構築ができるようになる。

なお,「FSU7101」,「FTE6083」については,2013年に米国のケーブルテレビ技術標準化団体であるCable Television Laboratories, Inc.からDPoE 1.0規格の認証を取得しており,日米両国の標準化機関から認定を取得した初の製品となる。

同社はEPON製品について,2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け大容量化する映像・インターネットサービスを支える通信インフラとして需要を見込んでおり,更なる拡販を推進するとしている。

その他関連ニュース

  • 京大,量子計算を効率的にチェックする方法を提案 2018年01月23日
  • NICT,量子コンピューターに強く汎用的な暗号方式を開発 2018年01月11日
  • 富士通,ネットワークの通信データを欠損なく収集・蓄積 2018年01月10日
  • 京大,100万ch以上多重化可能な5G方式を提案 2018年01月09日
  • 玉川大ら,量子暗号トランシーバーの波長分割多重伝送に成功 2017年12月26日
  • NTT-AT,ODCコネクタ対応クリーナーを発売 2017年12月20日
  • NII,231Gb/sで10TBを安定的に転送 2017年12月15日
  • 阪大,スタジアムで光ファイバー無線による5G通信を実施 2017年11月08日