住友電工,EPON製品の相互接続認定を取得

住友電気工業は,1G/10G-EPON製品において,日本のケーブルテレビ技術標準化団体である一般社団法人日本ケーブルラボ(JLabs)より,10月6日付で「EPON相互接続運用仕様SPEC-027 1.1版」の認定を取得した(ニュースリリース)。EPON相互接続認定を取得するのは,同社が第一号となる。

EPON相互接続認定とは,その製品がJLabsの策定する運用仕様に合致し,当該仕様に基づく製品との相互接続性を保持していることを認めるもの。この度認定を受けた同社製品は,センター装置(OLT)2機種「FSU7101」と「FSU7102」,宅内端末(ONU)2機種「FTE7553-BAX」と「FTE6083」。

国内ケーブルテレビ事業者は認定された製品を用いることで,異なるベンダー間の相互接続(例えば,同社製OLTと他社製ONUの接続)が可能となり,自社サービスに合ったシステム構築ができるようになる。

なお,「FSU7101」,「FTE6083」については,2013年に米国のケーブルテレビ技術標準化団体であるCable Television Laboratories, Inc.からDPoE 1.0規格の認証を取得しており,日米両国の標準化機関から認定を取得した初の製品となる。

同社はEPON製品について,2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け大容量化する映像・インターネットサービスを支える通信インフラとして需要を見込んでおり,更なる拡販を推進するとしている。

その他関連ニュース

  • 日立国際電気ら,列車―地上間で1.5Gb/s伝送に成功 2019年01月30日
  • 阪大ら,量子中継の原理検証に成功 2019年01月30日
  • NIIら,1波600Gb/s光伝送と587Gb/sのデータ転送に成功 2018年12月12日
  • フジクラ,超多心光ケーブル向けクロージャを発売 2018年12月04日
  • フジクラ,空気圧送工法用光ケーブルを発売 2018年12月04日
  • NTT,R&Dフォーラム2018(秋)を開催 2018年12月01日
  • NTTらの起草した通信装置のソフトエラー対策が国際標準化 2018年11月27日
  • NTT,DBAの「ソフトウェア部品化」に成功 2018年11月21日