オンセミ,グローバルシャッタCMOSを発売

オン・セミコンダクターは,新しい1/4インチ,1.0メガピクセル(1280×800)CMOSデジタルイメージセンサ「AR0144」を発表した(製品ページ)。

このセンサーはグローバルシャッタを備え,高速バーコード・スキャナなどの静的アプリケーション,ドローンやAR/VRなどの動的アプリケーションで,高照度と低照度の両方の条件において,ノイズのない鮮明で正確な画像を高速に撮像する。高いシャッタ効率性とSN比により,ゴーストとノイズの影響を最小限に抑え,画質を向上した。

3.0μmのピクセルにはグローバルシャッターのデザインが組み込まれており,静的シーンおよび動的シーンで正確に素早く撮像するという要求に応えるために最適化されている。センサーは,モノクロとカラーが用意されており,超小型の5.6mm×5.6mmチップスケールまたはベアダイ形式により,スペース制約が厳しい設計に容易に組み込むことができる。

バーコード・スキャナなどの静的アプリケーションの場合,携帯型の製品に容易に組み込み,初めてのスキャンで電力を削減,時間を短縮する。また,ドローンなどの動的アプリケーションの場合,センサの低電力特性によりバッテリーの駆動時間を延ばし,優れたマッピングを実現する。3DカメラやAR/VRアプリケーションの場合,3Dマッピングや深度センシング用のデュアル画像の撮像に対する,コスト効率の良い小型のソリューションとなる。

高度な柔軟性を備えており,マスタ/ビデオ,トリガ/シングルフレーム,オートトリガの動作モードから選択できる。露出時間は、2線式のシリアルインターフェースを介して制御でき,ウインドウサイズとブランキング時間を設定することで,解像度とフレームレート(フル解像度で最大60fps)を特定の関心領域(ROI)に合わせて調整できる。

また,チューニング,ウィンドウイング,調整可能な自動露出制御,自動黒レベル補正など,さまざまなカスタマイズ機能を利用して,アプリケーションの特定のニーズに正確に合致させることができる。

その他関連ニュース

  • オンセミ,230万画素裏面照射型センサーを発売 2017年10月31日
  • オンセミ,車載向けCMOSの新製品を発表 2017年10月27日
  • ソニー,ADAS向け742万画素センサーを開発 2017年10月23日
  • 東大ら,地球接近小惑星の観測に成功 2017年10月13日
  • オンセミ,車載向け小型低消費電力センサーを発表 2017年10月11日
  • NICTら,超小型・高速・多チャネルの光電変換素子を開発 2017年09月14日
  • NAIST山口氏,脳内イメージングで応用物理学会論文賞を受賞 2017年09月12日
  • 2020年CMOS/CCDカメラ出荷台数,52億2,000万台に 2017年09月08日