浜ホト,赤外向け化合物半導体工場が竣工

浜松ホトニクスは,今後拡大が期待される赤外光応用市場に向け,化合物光半導体素子の生産能力を強化するため建設していた都田製作所第3棟が完成し,2018年4月から稼働を開始すると発表した(ニュースリリース)。

同社は,主力製品である光電子増倍管やSiフォトダイオードなどの主に可視領域で使用される受光素子のほか,赤外光も含めたさまざまな光の領域に対応した製品を販売している。今後,赤外光応用市場の拡大が見込まれるため,化合物光半導体の受発光素子の生産能力を強化する。

赤外光は食品や大気,水質などの分析用途のほか,レーザー加工などの産業用途でも利用が進んでおり,今後も医療やセキュリティなど多様な分野で応用市場が拡大すると予想されている。また,先進運転支援システムおよび自動運転システム向けの赤外光を用いたLiDAR(Light Detection And Ranging)は,急激に市場が拡大すると見込まれている。

これらの応用市場では,用途に応じて受発光素子の性能を最適化する必要がある。同社は受光,発光の両素子を生産している世界でも数少ない企業であり,用途に応じて最適な提案ができる。今後も赤外光応用市場に製品を供給していくとしている。

その他関連ニュース

  • 旭硝子,中国にTFT液晶ガラス基板製造窯を建設 2017年08月25日
  • トプコン,測量機器の製造拠点となる新工場を開設 2017年07月25日
  • セイコーエプソン,比のプロジェクター工場を拡充 2017年07月18日
  • ギガフォトン,新社屋が竣工 2017年07月06日
  • 三菱電機,衛星機器生産棟が竣工 2017年06月06日
  • 浜ホト,受光素子増産に向けた新棟が竣工 2017年04月05日